漢方について相談できる病院検索 漢方について相談できる病院検索

病気と漢方

漢方薬はどんな病気や症状で使われる? かぜ、頭痛、便秘、冷え症、腰痛、ぜい肉、不眠、高血圧、かゆみ、更年期障害…気になる症状や病気について、漢方の役割やどんな漢方薬が使われるのかを解説します。

<子どもの成長と漢方薬 編集後記>子どもの訴えを受け止めるだけで症状が落ち着くことも

子どもの成長と漢方薬(2)子どもと漢方薬Q&A

子どもの成長と漢方薬(1)発達障害に漢方薬が役立つ? その理由と役立て方

機能性ディスペプシアの漢方治療(2)昔から人は胃痛に悩んでいた? 胃の不調を改善する薬が、漢方薬に多い理由

機能性ディスペプシアの漢方治療(1)いつもの胃痛、胸やけとは違う? 機能性ディスペプシアとは

【連載】Vol.4 アロエ(蘆薈)|くらしと生薬

いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.2 二日酔い

いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.1 肩こり

在宅介護と漢方薬(2)介護疲れにこそ漢方を役立ててほしい理由

<『便秘』の改善と漢方薬&過敏性腸症候群にも漢方薬が役立つ 編集後記>

在宅介護と漢方薬(1)高齢者の介護に漢方薬を役立てる3つのポイント

<月経に潜む『未病』と漢方 編集後記>月経の不快、「しょうがない」「当たり前」だとあきらめないで!

なかなか治らない下痢 過敏性腸症候群にも漢方薬が役立つ

市販薬の使い過ぎが悪化を招くことも 「便秘」の改善と漢方薬

後編:月経痛の強さ・経血量が目安に 月経に潜む「未病」には漢方薬と養生を

【連載】Vol.3 生姜|くらしと生薬 

前編:月経痛・過多月経…未病の本質を見極め漢方でアプローチ

マスクによる肌荒れと漢方治療 症状の背景にあるものが治療のカギ

外部サイトへ移動します

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。