漢方について相談できる病院検索 漢方について相談できる病院検索

病気と漢方

漢方薬はどんな病気や症状で使われる? かぜ、頭痛、便秘、冷え症、腰痛、ぜい肉、不眠、高血圧、かゆみ、更年期障害…気になる症状や病気について、漢方の役割やどんな漢方薬が使われるのかを解説します。

【更年期と漢方養生 編集後記】どう「自分の身体と向き合う」? 養生を1か月実践して体感したこと

Vol.2 40代以降の冷えと漢方 ~自覚のない「隠れ冷え」に要注意~

Vol.1 40代以降の冷えと漢方 ~冷えが「万病のもと」である理由~

Vol.2 更年期と漢方養生 ~“処方ありき”ではない漢方薬の使い方~

Vol.1 更年期と漢方養生 ~消化力を整える“養生”で症状は改善できる~

【なんとなく不調と漢方 編集後記】「当たり前と思わない」ことから毎日の不調の改善を

くり返す辛い痛み… 片頭痛に漢方薬はどう使う?

Vol.2 疲れやすい、だるい、息が切れる……「なんとなく不調」の影にひそむ「隠れ貧血」と漢方

Vol.1 病気ではないけれど「なんとなく不調」……自律神経の乱れやすい女性に対する漢方治療

<嗅覚障害と漢方薬 編集後記>嗅覚障害は心理的な影響も

<在宅介護と漢方薬 編集後記>認知症になる前からできること

新型コロナと嗅覚障害 後編 漢方薬の服用と嗅覚刺激で嗅神経細胞の再生を促す

新型コロナと嗅覚障害 前編 「みそ汁から泥のようなにおい」新型コロナ後遺症の嗅覚障害

<機能性ディスペプシアの漢方治療 編集後記>胃にまつわる豊富な漢方薬を味方につけて根本的な改善を

いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.3 冷え

<子どもの成長と漢方薬 編集後記>子どもの訴えを受け止めるだけで症状が落ち着くことも

子どもの成長と漢方薬(2)子どもと漢方薬Q&A

子どもの成長と漢方薬(1)発達障害に漢方薬が役立つ? その理由と役立て方

外部サイトへ移動します

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。