【外来訪問】QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

外来訪問

外来訪問

~漢方薬の新時代診療風景~

 漢方薬を正しく理解して正しく使うことで、治療に、患者さんに役立てたい。日々勉強を重ねる、身近な病院の身近なドクターに、漢方活用の様子を直接伺いました。ドクターの人となりも見えてきます。

ふるもと整形外科 古本敬明院長

病院に行けば、医師が病気を治すことが当たり前だと考える患者さんが多い中で、“自由自在主義”を掲げる私は、患者さんにとって必要なのは正しく今の状況を理解し、自分で選択し、自分の力で歩くことだと思っています。


医療生協かながわ生活協同組合 藤沢診療所 野本哲夫院長

漢方薬というと慢性的な症状に長く服用し続けて、ようやく効果が得られるものという印象を持っている方も多いようです。しかし、漢方診療の現場では、急性の症状にも効果的であることはよく知られています。


東邦大学医療センター佐倉病院 長尾建樹院長

五苓散以外では呉茱萸湯という漢方をよく処方しています。脳脊髄液減少症に対して五苓散を使用し、さらに呉茱萸湯を追加すると頭痛を良好にコントロールすることができるのです。これは、頭痛が強い症例に対して使用しています。


みつはしクリニック 三橋広光院長

漢方の良いところは、その人の持つ自己治癒能力を最大限に引き出すことができることです。患者さんによって症状はそれぞれ違います。当クリニックには頭痛で悩む多くの方が訪れますが、一口に「頭痛」と言っても人によって症状はさまざまです。


中澤医院 中澤深雪院長

漢方専門医として国内で初めて薬科大学の学長に就任された丁宗鐵(てい・むねてつ)先生のお言葉に、「漢方の名医とは漢方薬の使い方が上手な医師ではなく、患者に養生をさせるのが上手な医師だ」という内容のものがあります。「養生」は漢方診療において、…


露仙堂クリニック 柳堀厚院長

婦人科疾患は他科と比べて漢方薬が適応されるケースが多く、婦人科・内科を診療する当院では、漢方治療をメインに据えています。来院される方で特に多いのが、月経前症候群(PMS)、更年期障害、不妊症です。


あいち熊木クリニック 熊木徹夫院長

漢方と向精神薬を併用することはあり得ます。ただ、一度に薬の種類を増やしたり変えたりしてしまうと、体に何かしらの変化があったとき、どの薬がその原因なのか分からなくなってしまうので、ひとつずつ増減し、丁寧に診ていきます。


医療法人芍薬会 灰本クリニック 灰本元院長

私は、機能的疾患の半分以上には心理的要因が絡んでおり、つまり心身症の可能性があると思っています。当院では検査しても器質的疾患が見つからない機能性疾患に対して心理的な要因が疑われるときには、カウンセラーによるカウンセリングも行っています。


植松耳鼻咽喉科医院 岩崎紀子院長

漢方薬は全身への作用で諸症状を緩和するため、意図した症状だけでなく、体の別の部分で改善が見られることも。たとえば風邪の時によく使われる葛根湯は、肩こりの緩和にも効果的なことがあります。全身を穏やかに整えることで、さまざまな効果が期待できる…


みうら内科クリニック 三浦義孝院長

問診はしっかりと、細かくお聞きするようにしています。毎回毎回、長い時間お話しするのは難しいですが、初診の方は生活習慣も含めていろんなことを伺いますし、看護師からも聞いてもらっています。


たらお内科・消化器科 多羅尾和郎院長

これまで多く使ってきた漢方薬は十全大補湯ですが、他にも症状に合わせて経験的に「効く」ことが分かっている"優れもの"の漢方薬を診療で使ってきました。


米の山病院 福田知顕副院長

「心身一如」という言葉がありますが、心から体、体から心への影響について、バランスのとれた見方ができるのが理想だと思います。いずれにせよ、そのときアプローチするといい方向に向かいやすい糸口があるのです。


たまがわクリニック 玉川葉子副院長

漢方の診療は、患者さまの状態をしっかり把握することが基本です。お通じの状態や冷えの有無、睡眠状態、皮膚や爪の様子、ストレスの有無など、一見すると主訴に関係ないような多岐にわたる項目について、一つひとつ確認することから始めます。


野崎ウイメンズクリニック 野崎雅裕院長

医師になった当初から漢方に対する興味がありました。特に女性は、一般的な西洋医学の治療ではなく、漢方のほうが合う患者さんが少なくありません。私は産婦人科医ですが、「この患者さんは漢方薬の方が良いだろう」と思う症例によく遭遇していました。


かしわでクリニック 柏手由里乃院長

漢方内科では、生理痛や便秘、女性特有の不定愁訴などで受診された患者さんに漢方を用いることが多いですね。当院の問診表には「漢方による治療を希望する」、「希望しない」というチェック欄があり、漢方薬を希望される方にはできるだけ漢方処方を考えます。


ポレポレクリニック 辻内優子院長

当クリニックでは、心療内科と漢方内科、小児心療内科と小児漢方内科として、心と体に起こるトラブルに幅広く対応しています。患者さんは、心身症やうつ病、パニック障害、親子関係の悩み、女性特有の体や心の悩み、子どもの心身症や虚弱体質、不登校、摂食…


浅井耳鼻咽喉科医院 浅井和康院長

来院されるのは花粉症を始めとしたアレルギー性の症状や、感染症などによる急性症状の患者さんが多いのですが、西洋薬を飲むことができない、妊娠中の方などもいらっしゃるため、漢方薬という選択肢を用意していることが役立っているようです。


高山漢方クリニック 江藤公則院長

当院に来る患者さんの多くは、腰が痛い、膝が痛いといって来られる高齢者が多いです。若い患者さんは、皮膚病や風邪、お腹を壊したといった人です。最近では、うつ的症状の人やパニック障害の人も多くいらっしゃいます。


ハートクリニック練馬春日町 岡英孝院長

私自身も診療のときは、患者さんが診察室に入ってくるときの様子から、座って話すときの視線、表情、言葉の出し方などをよくみて、漢方医学で言うところの「証」を探れるよう努力しております。


山田皮フ科クリニック 山田晴義院長

中医学では診断のとき、患者さんの症状だけでなく、その人の体質や体調、病因といった「証」で診断しますが、皮膚科では、肌に出ている症状を証と結びつけることができます。