【病気と漢方】QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

病気と漢方

漢方薬はどんな病気や症状で使われる?
かぜ、頭痛、便秘、冷え症、腰痛、ぜい肉、不眠、高血圧、かゆみ、更年期障害…気になる症状や病気について、漢方の役割やどんな漢方薬が使われるのかを解説します。

くり返す辛い痛み… 片頭痛に漢方薬はどう使う? [2022/09/30]

天気が悪くなったときや月経のとき、睡眠不足や疲れがたまっているときや首や肩が凝っているときに起こる頭痛。慢性的な痛みとは「もう何十年も付き合っている」という人もいるのではないでしょうか。


Vol.2 疲れやすい、だるい、息が切れる……「なんとなく不調」の影にひそむ「隠れ貧血」と漢方 [2022/07/29]

疲れ、だるさ、頭痛、冷え、イライラ……病気ではないけれど、なんとなくいつも感じる不調。このような症状を感じる人は、男性と比べ女性に多く、その理由として月経による“自律神経の不調”が関係している、というお話を伺いました。Vol.2では、このような「な…


Vol.1 病気ではないけれど「なんとなく不調」……自律神経の乱れやすい女性に対する漢方治療 [2022/06/30]

新型コロナウイルス感染症の拡大から早3年。テレワークや行動制限など生活スタイルの変化から、心身の不調を感じる人が増えています。


<嗅覚障害と漢方薬 編集後記>嗅覚障害は心理的な影響も [2022/04/08]

味覚は、甘味や酸味、塩味、苦味、旨味の5つの味を感じることで成り立っています。


<在宅介護と漢方薬 編集後記>認知症になる前からできること [2022/03/31]

人口の約3人に1人が65歳を占める日本。高齢化は今後もますます進み、令和3年版高齢社会白書によると、2065年には約2.6人に1人が65歳以上で、約3.9人に1人が75歳以上になると考えられています。


新型コロナと嗅覚障害 後編 漢方薬の服用と嗅覚刺激で嗅神経細胞の再生を促す [2022/03/31]

新型コロナウイルス感染症や、その後遺症の特徴的な症状として話題になった嗅覚障害は、「嗅細胞」という、においを感じる細胞がダメージを受けたり、再生がうまくいかなかったりすることによって起こっていることがわかってきました。


新型コロナと嗅覚障害 前編 「みそ汁から泥のようなにおい」新型コロナ後遺症の嗅覚障害 [2022/03/31]

嗅覚障害は、新型コロナウイルス感染症の特徴的な症状や後遺症のひとつとして、たびたび話題になりました。


<機能性ディスペプシアの漢方治療 編集後記>胃にまつわる豊富な漢方薬を味方につけて根本的な改善を [2022/03/30]

「機能性ディスペプシアの漢方治療」(1)(2)では、大野クリニック院長の大野修嗣先生に、機能性ディスペプシア(FD)とはどのような疾患なのか、また漢方薬での治療法について教えていただきました。


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.3 冷え [2022/03/30]

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足が遠のいている人も多いのではないでしょうか。しかし、この慢性的な小さな不調が、あ[…]


<子どもの成長と漢方薬 編集後記>子どもの訴えを受け止めるだけで症状が落ち着くことも [2022/03/29]

ここ数年で「大人の発達障害」という言葉が知られるようになってきました。


子どもの成長と漢方薬(2)子どもと漢方薬Q&A [2022/03/28]

前回は子どもの発達障害の改善に役立つ漢方薬を、たんぽぽこどもクリニック院長の石川功治先生に教えていただきました。


子どもの成長と漢方薬(1)発達障害に漢方薬が役立つ? その理由と役立て方 [2022/03/28]

発達障害は、外見からはその特性がわかりにくいうえ、症状も多様です。そのため子どもたちは、生きづらさを感じていることも少なくありません。


機能性ディスペプシアの漢方治療(2)昔から人は胃痛に悩んでいた? 胃の不調を改善する薬が、漢方薬に多い理由 [2022/03/25]

原因となる疾患が特に見当たらないにもかかわらず、胃に不調を感じている状態=機能性ディスペプシアの改善には漢方薬が適していると、大野クリニック院長の大野修嗣先生は話します。


機能性ディスペプシアの漢方治療(1)いつもの胃痛、胸やけとは違う? 機能性ディスペプシアとは [2022/03/25]

検査をしても大きな異常がないのに「いつも胃もたれや胃痛がする」「食事をしてもすぐにお腹がいっぱいになってしまう」といった胃の不快感が生じている状態を「機能性ディスペプシア」といいます。


【連載】Vol.4 アロエ(蘆薈) │くらしと生薬 [2022/03/25]

日本のくらしに古くから根づいている生薬。たとえば、ショウガやニンジンなど、私たちの身近にあるような植物も、生薬として用いられています。薬学者であり、漢方医学の歴史にも造詣が深い帝京平成大学薬学部の鈴木達彦先生に、生薬と私[…]


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.2 二日酔い [2022/03/24]

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足が遠のいている人も多いのではないでしょうか。しかし、この慢性的な小さな不調が、あ[…]


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.1 肩こり [2022/03/18]

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足が遠のいている人も多いのではないでしょうか。しかし、この慢性的な小さな不調が、あ[…]


在宅介護と漢方薬(2)介護疲れにこそ漢方を役立ててほしい理由 [2022/03/14]

前回は、認知症があり、自宅で療養している高齢者に対して、漢方薬をどう役立てるかについて紹介しました。しかし、介護の現場では、在宅で介護を受ける人だけでなく、介護を担う側の心身のケアも解決すべき重要な問題です。


<『便秘』の改善と漢方薬&過敏性腸症候群にも漢方薬が役立つ 編集後記> [2022/03/09]

便秘や下痢など、多くの人が悩んでいる症状について、川崎医科大学総合医療センターの眞部紀明先生に2回にわたってお話を伺いました。


在宅介護と漢方薬(1)高齢者の介護に漢方薬を役立てる3つのポイント [2022/03/07]

介護が必要な状態になっても、住み慣れた自宅で療養したいと考える人の数は、年々増加しています。


外部サイトへ移動します。

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。