【漢方ニュース】QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

漢方ニュース

漢方薬に関する、ドクター、行政、その他の団体が発信するニュースを紹介します。

漢方で便秘を改善させよう!~“たかが便秘”と自己流で悪化させないために(4)ライフスタイルを見直して便秘対策を [2018/06/01]

便秘のつらさや排便習慣は個人差が大きく、自己流の便秘対策で悪化させてしまうことも少なくありません。そこで、慢性便秘を引き起こす代表的な生活習慣とその見直し方を紹介します。


漢方で便秘を改善させよう!~“たかが便秘”と自己流で悪化させないために(3)便秘の治療でよく使われる漢方薬 [2018/06/01]

便秘治療でよく使われる漢方薬を紹介します。漢方薬による便秘治療は、漢方専門医だけでなく多くの医師に再認識されています。


植物由来製品・青黛「有害事象は内服した期間や量を問わずに起こる可能性」 [2018/05/30]

先ごろ開かれた第104回日本消化器病学会で、慶応大学医学部消化器内科の福田知広医師らが、青黛の服用経験がある患者での有害事象の実態を報告しました。


漢方で便秘を改善させよう!~“たかが便秘”と自己流で悪化させないために(2)病院での治療について [2018/05/28]

便秘を医師に相談する場合、どの診療科を受診すればよいのでしょうか。かかりつけ医がいる場合はかかりつけ医を、いない場合は「内科」「胃腸科」「消化器内科」「肛門科」などがよいでしょう。


漢方で便秘を改善させよう!~“たかが便秘”と自己流で悪化させないために(1)便秘を知る [2018/05/28]

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の7~8人に1人が便秘の症状を持っています。しかし、「たかが便秘」と医療機関を受診しない人や「体質なので仕方ない」と放置していたり、自己流の便秘対策で悪化させてしまうケースも少なくありません。


集中治療の現場でも漢方薬が使われている~第45回日本集中治療医学会学術集会より [2018/03/13]

ICUの患者さんに抑肝散を処方したところ、不穏(興奮する、落ち着きがなくなる)状態の再発防止に有効だった、という報告が第45回日本集中治療医学会学術集会でありました。


慢性便秘に大建中湯は有効か? 複数の医療機関で試験を実施中 [2018/02/27]

第14回日本消化管学会で、川崎医科大学検査診断学の眞部紀明医師が漢方薬の大建中湯が慢性便秘に有効であるとの報告をしました。


女性のストレスに伴う不調 漢方ならどうする?(後編) [2018/02/08]

女性のストレスに伴う不調に対する、漢方医学での見方とそれに対する漢方薬について、麻布ミューズクリニックの玉田真由美先生に聞きました。


女性のストレスに伴う不調 漢方ならどうする?(前編) [2018/02/08]

女性がストレスを感じやすい理由について、麻布ミューズクリニック院長の玉田真由美先生は「からだ」「こころ」「社会」の3つの側面から解説しました。


日本薬科大学の社会人向けプログラム「漢方アロマコース」 第3期生の募集を開始 [2018/01/19]

日本薬科大学は、社会人向けプログラム「漢方アロマコース」の第3期生の募集を開始。漢方、アロマテラピー、鍼灸、サプリメント、ヨガなどを体系的に学ぶ事ができるほか、メイクセラピー、アーユルヴェーダ、薬膳などの美容や健康に役立つ知識も身につける事…


子どもの病気で使われる漢方薬とは [2017/11/28]

小児の身体は日々成長・発達していますが、治療に対しては速やかに反応しやすいものです。また生理的にも大人への成長過程であり、薬効の異なる複数の生薬から成り立つ漢方薬は、複数の機能系に対して幅広く対応できる点で優れています。


薬局で買えるOTC医薬品に“隠れ防風通聖散”も [2017/11/02]

第68回日本東洋医学会学術集会で発表された、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の副作用報告データ分析結果から、防風通聖散の副作用発現状況は、含有量の少ないOTC製剤でも変わりがないことが明らかになりました。


購入前には必ず相談を!防風通聖散のOTC 購入者の3割に「副作用が出やすい可能性」 [2017/11/01]

薬局やドラッグストアで、ダイエット目的に購入されることが多い漢方薬・防風通聖散 のOTCについて、防風通聖散の「証」とならず、副作用が出やすい人が購入者の3割弱もいることがわかりました。


女性のさまざまな健康トラブル、原因の8割9割は「冷え」ってホント? [2017/10/31]

日本漢方生薬製剤協会は「第20回市民公開漢方セミナー」を開催。「漢方で改善!!働く女性の健康管理」と題して麻布ミューズクリニック院長の玉田真由美先生が講演しました。


ニキビや紅斑など…皮膚の病気に有効な漢方薬は [2017/09/29]

皮膚のトラブルにも漢方による治療が有効です。東洋医学では、病気の原因に対処することを本治と呼び、その原因によって生じる症状を治療することを標治と呼んで区別しています。


肥満症や糖尿病の合併症で使われる漢方薬 [2017/09/28]

東洋医学的には、運動だけでなく、生活リズムを整え、未然に病気を予防する考え方があり、肥満症やメタボリックシンドロームといった生活習慣病では極めて有用な手法です。まずこれらを実行したうえで漢方薬の処方を検討します。


漢方医は患者をこう診ている(3)切診 [2017/09/27]

漢方の4種類の診察方法の1つである、「切診」(触覚を用いた診察)について、問診と漢方薬の選択との関係について紹介します。


第20回 市民公開漢方セミナーに参加しませんか? [2017/09/08]

2017年10月12日に、日本漢方生薬製剤協会が主催する、市民公開漢方セミナーが開催。テーマは、「漢方で改善!! 働く女性の健康管理~女性特有症状にもう振り回されない!」です。


風邪の治療で使われる漢方薬とは? [2017/08/30]

風邪をひいた患者さんの漢方薬の選択は、病期で判断します。漢方では熱性疾患の初発時を「太陽病」、そこから進行した状態を「少陽病」、さらに進行すると「太陰病」として考えます。


循環器疾患の漢方治療 [2017/08/28]

循環器疾患で漢方薬が良く使われる病気に、軽症の高血圧症、低血圧症、心臓神経障害、軽症の不整脈、軽症の心不全があります。