QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

2022年3月の記事一覧

<在宅介護と漢方薬 編集後記>認知症になる前からできること

人口の約3人に1人が65歳を占める日本。高齢化は今後もますます進み、令和3年版高齢社会白書によると、2065年には約2.6人に1人が65歳以上で、約3.9人… (2022/03/31 | 病気と漢方


新型コロナと嗅覚障害 後編 漢方薬の服用と嗅覚刺激で嗅神経細胞の再生を促す

新型コロナウイルス感染症や、その後遺症の特徴的な症状として話題になった嗅覚障害は、「嗅細胞」という、においを感じる細胞がダメージを受けたり… (2022/03/31 | 病気と漢方


新型コロナと嗅覚障害 前編 「みそ汁から泥のようなにおい」新型コロナ後遺症の嗅覚障害

嗅覚障害は、新型コロナウイルス感染症の特徴的な症状や後遺症のひとつとして、たびたび話題になりました。 (2022/03/31 | 病気と漢方


<新型コロナウイルス後遺症治療と漢方薬 編集後記>患者の半数以上が仕事に影響も 長期化する新型コロナ後遺症について

国内の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者は1週間平均で約42,000人(2022年3月23日現在)、感染者数は少しずつ減少してきてはいるものの、第7波の… (2022/03/30 | 漢方ニュース


<機能性ディスペプシアの漢方治療 編集後記>胃にまつわる豊富な漢方薬を味方につけて根本的な改善を

「機能性ディスペプシアの漢方治療」(1)(2)では、大野クリニック院長の大野修嗣先生に、機能性ディスペプシア(FD)とはどのような疾患なのか、… (2022/03/30 | がん治療と漢方


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.3 冷え

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足… (2022/03/30 | 病気と漢方


第24回市民公開漢方セミナー「ウィズコロナ時代のウィズ漢方〜Long COVID漢方外来からのメッセージ〜」配信動画レポート

日本漢方生薬製剤協会が主催する第24回市民公開漢方セミナーが2月19日(土)〜3月20日(日)までYouTubeで動画配信される形で開催されました。今後、… (2022/03/29 | 漢方ニュース


<子どもの成長と漢方薬 編集後記>子どもの訴えを受け止めるだけで症状が落ち着くことも

ここ数年で「大人の発達障害」という言葉が知られるようになってきました。 (2022/03/29 | 病気と漢方


国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会2021 新型コロナウイルス感染症と漢方薬

一般社団法人日本東洋医学会、日本漢方生薬製剤協会が共催する「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」2021が3月9日(水)に開催されま… (2022/03/29 | 漢方ニュース


小柴胡湯(しょうさいことう)

小柴胡湯は、かつて肝炎や肝機能障害、肝がんの予防などに用いられていましたが、現在では抗ウイルス薬などの西洋薬で治療が可能になったため、肺や… (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


女神散(にょしんさん)

女神散は、のぼせやめまい、不安で眠れない、耳鳴りがする、頭痛・頭重、肩こり、腰痛、情緒不安定など、いくつもの不調を抱える女性に対して用いる… (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


麻子仁丸(ましにんがん)

漢方薬には、便秘を改善する作用のあるものがいくつもあります。便秘の原因やそれぞれの人の体質に合わせて処方されます。 (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


子どもの成長と漢方薬(2)子どもと漢方薬Q&A

前回は子どもの発達障害の改善に役立つ漢方薬を、たんぽぽこどもクリニック院長の石川功治先生に教えていただきました。 (2022/03/28 | 病気と漢方


子どもの成長と漢方薬(1)発達障害に漢方薬が役立つ? その理由と役立て方

発達障害は、外見からはその特性がわかりにくいうえ、症状も多様です。そのため子どもたちは、生きづらさを感じていることも少なくありません。 (2022/03/28 | 病気と漢方


「粉や味が苦手……」漢方薬をおいしく服用するコツ

最近は、「漢方外来」と標榜していない医療機関でも、漢方薬が処方されることが増えてきました。 (2022/03/28 | 漢方薬の使い方


機能性ディスペプシアの漢方治療(2)昔から人は胃痛に悩んでいた? 胃の不調を改善する薬が、漢方薬に多い理由

原因となる疾患が特に見当たらないにもかかわらず、胃に不調を感じている状態=機能性ディスペプシアの改善には漢方薬が適していると、大野クリニッ… (2022/03/25 | 病気と漢方


機能性ディスペプシアの漢方治療(1)いつもの胃痛、胸やけとは違う? 機能性ディスペプシアとは

検査をしても大きな異常がないのに「いつも胃もたれや胃痛がする」「食事をしてもすぐにお腹がいっぱいになってしまう」といった胃の不快感が生じて… (2022/03/25 | 病気と漢方


【連載】Vol.4 アロエ(蘆薈) │くらしと生薬

日本のくらしに古くから根づいている生薬。たとえば、ショウガやニンジンなど、私たちの身近にあるような植物も、生薬として用いられています。薬学… (2022/03/25 | 病気と漢方


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.2 二日酔い

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足… (2022/03/24 | 病気と漢方


<漢方にまつわる気になる本を紹介>『漢方で感染症からカラダを守る!』ブックマン社[著]渡辺賢治

2019年12月に中国・武漢市で新型コロナウイルスが確認されてから、2年が経過しました。令和4年3月11日現在、日本国内では約560万人が感染し、約2万5,… (2022/03/23 | 漢方ニュース


外部サイトへ移動します。

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。