【外来訪問2ページ目】QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

外来訪問

外来訪問

~漢方薬の新時代診療風景~

 漢方薬を正しく理解して正しく使うことで、治療に、患者さんに役立てたい。日々勉強を重ねる、身近な病院の身近なドクターに、漢方活用の様子を直接伺いました。ドクターの人となりも見えてきます。

渡部内科医院 渡部迪男院長

全身を日本列島に例えると、心臓や肝臓といった五臓は各地に点在する街であり、気血水の流れは街と街をつなぐ交通網、上下水道、電気やガスなどの配線や配管などのインフラであると言えます。


三宅漢方医院 三宅和久院長

当院には漢方治療を求めて来院する方がほとんどで、また、慢性疾患の方が多いです。ですから、基本的に患者さんには漢方理論でどうして病気になったかをきちんと説明し、睡眠や食事の取り方も徹底的に指導します。


松瀬医院 松瀬観翁院長

漢方とひと口に言っても、その実践はさまざまです。風邪に葛根湯、インフルエンザに麻黄湯など、診断名によって処方する漢方薬を決定する「病名漢方」で望む効果が得られる場合もありますが、実はそれは本来の漢方治療の考え方とは違います。


牧⻆内科クリニック 牧⻆和宏院長

診療方針としては、まず生活環境を正すよう指導しています。漢方薬や鍼灸を使うもうひとつ前に養生という概念があるのですが、これは健康を維持するという考え方です。


竹内産婦人科ARTセンター 竹内稔弘院長

漢方薬と西洋薬を併用して使っていますが、漢方に関しては3分の1くらい取り入れています。私が効果的だと思うのは、女性の更年期に対してです。そのほかは、不妊症やうつなどに対しても使っています。


飯塚病院東洋医学センター 漢方診療科 田原英一部長

読者の方には、全般的に『食う・寝る・出す・遊ぶ』を大切にしていただきたいと思います。生活習慣全体に何かの不都合があるから、気血水の乱れ、冷え、腎虚などが起こってくるわけです。


田中宏明・内科胃腸科クリニック 田中宏明院長

東洋医学的な教科書に載せられている診断方法はいろいろありますが、私の場合、主に四診、つまり望診・聞診・問診・切診に基づいて行っています。


おくだクリニック 奥田隆司院長

漢方内科を標榜しているのは、整形外科的な症状だけでなく、内科的な症状で来院する患者さんもいらっしゃるからです。東洋医学を知らないと痛みを訴える患者さんには、痛み止めを出すにとどまってしまいがちです。


ごきそレディスクリニック 小川麻子院長

漢方薬を処方する時には、患者さんに「これが合うと思います」と言って、本を見せて薬の説明をした後、お湯に漢方薬を溶かして飲んでもらいます。言わば漢方薬の「テイスティング」ですね。自分の体に合う漢方薬は甘く感じるので、患者さんにも分かりやすい。


証クリニック神田院 小野真吾副院長

漢方精神科では、ストレスなど精神的な要因で起こる、頭痛や肩こり、めまい、便秘や下痢、食欲不振、不眠などの体のつらい症状を、漢方薬を使って治療しています


喜平橋耳鼻咽喉科 村川哲也院長

西洋薬と漢方薬では作用機序が異なり、西洋薬はどちらかというと、「ここに効く!」というピンポイントの効果のある薬ですが、漢方薬は、体の中のいろいろなチャンネルを動かし、いくつものスイッチを押す薬だと思うのです。ですから、当初の予定とは異なる…


福田医院 福田秀彦院長

漢方は、病気だけ、悪い部分だけを見るのではなく、患者さん全体を見るという考え方で、西洋医学では対応できない症状を改善するという長所を持っています。


医療法人 広瀬クリニック 木許泉院長

漢方治療を求めて来院される方は"冷え"の症状のある方が多いですね。また、慢性疾患やアレルギーの体質改善、あとは胃もたれ、下痢しやすいなど胃腸の症状などで来られます。女性では更年期がらみも多いです。


宮村内科クリニック 宮村正廣院長

メンタルならメンタルだけ、呼吸器なら呼吸器だけ、足なら足だけなど、どこか一部分だけを診るという考えは好きではありませんでした。ひとりの人間まるごとすべて、どんな病気でも診たい。そんな自分の思いと漢方の考え方に共通するものを感じたのです。


アイさくらクリニック 木村昌幹院長

漢方診療を取り入れるようになったのは、臨床場面で常に東洋医学的思想や精神交互作用の考えを意識していたからと、大学卒業後3年経って勤務した、岡山県の河田病院関連の先生とご縁があって直接教えを受けたからです。


宮の森スキンケア診療室 上林淑人院長

特に、にきびの治療で漢方が非常に効果を上げています。診察では、はじめに舌診や脈診を行い、その患者さんがどんな体質かを知るための質問をします。なかなか治りにくい頑固なにきびを持つ方は、ほかにも何らかのトラブルを体に抱えていることが多いもので…


梅光園 田中たもつクリニック 田中保院長

風邪に効く漢方薬でもいろいろとありますから、漫然と同じ薬だけを使うのではなく、患者様の症状によって使い分けています。むしろ、患者様には市販の風邪薬などはあまり飲まないで欲しいとお話しています


ひろクリニック 賀来宏維院長

漢方薬を使うときは、患者さんの状態をトータルに知る必要があるため、普段以上に話をじっくり聞きます。また、舌を診たり、おなかを触ったりと、西洋医学の診療とは、少し方法が異なります。診察をしながら、体力があるか、虚弱体質か、熱を持っているか、…


コウクリニック 大嶋康院長

患者さんと最初に会うときには、真っ白な気持ちで向き合うことを心がけています。東洋医学のものの見方の一つに「気・血・水」がありますが、例えば「気」ひとつとっても、診る側の気持ちが不安定だと全く違う受け取り方をしてしまうかもしれない


ももち東洋クリニック 犬塚央院長

当クリニックの特性とも言えると思いますが、基本的に第一選択として漢方治療を行うようにしています。場合に応じて西洋薬も出しますし、専門の領域を越えると思ったら紹介もします。つまり、"患者さんにとって必要な治療をする"ことに尽きると思います