QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

漢方医についての記事一覧

舌は口ほどにモノを言う!?漢方医が行う「舌診」とは?

漢方医学では、必ず舌をチェックします。これを「舌診」といいます。舌を診るのは、うるおいや形、大きさ、色、舌苔の状態、舌の裏の静脈の色や状態…(2015/08/19 | 漢方ニュース


成田記念病院 麻酔科・ペインクリニック内科 大沼哲朗部長(外来訪問 第33回)

ペインクリニックで処方する漢方は、痛みの原因がはっきりしているけれども治せない、西洋医学的にはやりようがないという場合です。例えば脊柱管狭…(2014/12/17 | 外来訪問


山下司内科クリニック 山下司院長(外来訪問 第32回)

使う頻度が高いのは、メジャーなものが多いです。話せばきりがないくらいありますが、例えば、お腹の不定な症状、便はある程度出るけれど、腸の動き…(2014/12/10 | 外来訪問


ひしかわ内科クリニック 菱川法之先生(外来訪問 第31回)

当院には心身症と思われる患者さんも来られます。例えば、不眠や胃痛嘔気を訴えて来院された年配の女性の場合、世間話をしてみれば仕事を退職した夫…(2014/11/12 | 外来訪問


銀座内科診療所 九鬼伸夫院長(外来訪問 第30回)

とくに、西洋医学では病名がつきにくい症状や、西洋医学の薬を使うと副作用が心配されるような症状、女性特有のつらい症状などは、漢方の得意分野と…(2014/10/31 | 外来訪問


磯村クリニック 磯村知子院長(外来訪問 第29回)

漢方に注力したきっかけは、皮膚科医として患者さんと向き合う中で出会った難しい症例の診療でした。「尋常性乾癬」といって、かなりの難治性疾患な…(2014/10/22 | 外来訪問


ちいろば子供クリニック 木林正弘院長(外来訪問 第27回)

漢方との出会いは青森で研修を行っている時でした。小児の腎臓疾患に対して漢方薬を使っていたのです。効く効かないはありましたが、効く子どもには…(2014/10/03 | 外来訪問


平田ペインクリニック 平田道彦院長(外来訪問 第26回)

漢方をやっていると、ストレスからくる失調がいかに多いかがよくわかります。当院に来る患者さん達は、いろんなことを言って来られます。例えば、神…(2014/09/17 | 外来訪問


亀田メディカルセンター東洋医学診療科 南澤潔部長(外来訪問 第24回)

研修医を終えて、何科を目指そうか悩んでいた頃、たまたま手にとった東洋医学の医学書に、病気でもないが健康でもない人たち-「未病」の人たちを治…(2014/09/03 | 外来訪問


冷え症は治らないとあきらめてしまう前に

今や女性の2人に1人が悩んでいるといわれている「冷え症」。冷えはただ辛いだけでなく、他の疾患の病態を悪化させるという危険もあります。冷え症治…(2014/07/29 | 症状別得意分野


漢方のミカタ~漢方専門医が教える症状別 漢方コラム 第1回「アレルギー性鼻炎(花粉症)」

“漢方の味方”漢方専門医の今津先生に、症状別に漢方医学の“見方”や処方される漢方薬などを解説いただきます。第1回目は『花粉症』(2014/03/25 | 漢方ニュース


吉祥寺中医クリニック 長瀬眞彦院長(外来訪問 第16回)

中医学では、心と体を分けて考えません。ストレスや悩みなど、心の問題が体の不調につながっていることもあるため、環境や生活背景なども含め、「そ…(2014/03/19 | 外来訪問


西新宿コンシェリアクリニック 金子宏明院長(外来訪問 第15回)

もともと精神科は、心と体をひとつのものとして診ていく考え方なので、東洋医学の考え方と通じる部分があります。私のなかでは、精神科の治療を進め…(2013/12/04 | 外来訪問


代官山パークサイドクリニック 岡宮裕院長(外来訪問 第14回)

漢方では体全体を見る必要があるので、治療においては、とにかく患者さんの話しをよく聞くことを心がけています(2013/11/13 | 外来訪問


成城松村クリニック院長 松村圭子先生(外来訪問 第13回)

元々更年期の方への漢方薬の処方は多かったのですが、最近特に増えているのは20~30代の女性への処方です。生理前のめまいやイライラなどのPMS(月経…(2013/10/30 | 外来訪問


皮フ科わくいクリニック 涌井史典院長(外来訪問 第12回)

漢方に興味を持った理由は、私自身が幼いころから身近に漢方に接していたことと、大学の皮膚科で勉強していたとき、講師の先生がアトピー性皮膚炎の…(2013/10/02 | 外来訪問


東西医学ビルクリニック 齋藤竜太郎院長(外来訪問 第11回)

最近、オーダーメイド医療という言葉を耳にしますが、東洋医学はまさにオーダーメイド。同じ病気でも、AさんとBさんでは治療法も処方される薬も異な…(2013/09/11 | 外来訪問


司生堂クリニック 松田弘之院長(外来訪問 第10回)

漢方の考え方はちょっと複雑で、「陰・陽」や「虚・実」、「気・血・水」、「表・裏」「寒・熱」「乾・湿」「五臓六腑」などさまざまな概念があります…(2013/07/03 | 外来訪問


早期胃がんの内視鏡的切除術後に食欲不振が強くなってしまった男性

内視鏡的切除術後、食欲不振になってしまった男性。わたしは『万病回春』に「脾胃虚弱、飲食少しく思ひ・・・」とある六君子湯を飲んでもらうことに…(2011/11/15 | オンコロジー(がん)専門医による漢方外来


翠皮フ科・アレルギー科 飯塚仁院長(外来訪問 第9回)

漢方薬の知識やさまざまな経験が患者さんのお役に立てればと思う気持ちがあり、自身のクリニックでも西洋薬だけでなく漢方薬を用いた幅広い保険診療…(2011/09/16 | 外来訪問