【特集・漢方の実力】QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

特集 漢方の実力

十全大補湯 抑肝散
六君子湯 当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸
大建中湯 牛車腎気丸
麦門冬湯 茵ちん蒿湯
補中益気湯

十全大補湯の実力

池本哲也先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

治療法が限られている膵臓がんの病状進行を免疫強化の面から歯止めする-十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

池本哲也先生(徳島大学医学部消化器・移植外科)

【十全大補湯】進行性膵がん患者における免疫学的パラメーターの変化/論文の意義

徳島大学医学部消化器・移植外科の池本哲也先生らは、漢方薬の『十全大補…

抑肝散の実力

岩崎鋼先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

レビー小体型認知症の妄想や幻覚・幻視の症状を改善する
-抑肝散(よくかんさん)

岩崎鋼先生(総合南東北病院漢方医学センター長)

【抑肝散】レビー小体型認知症の妄想・幻覚に対する改善効果/論文の意義

現在、総合南東北病院(宮城県岩沼市)で漢方医学センター長を務める岩崎…

【抑肝散】レビー小体型認知症の妄想・幻覚に対する改善効果/論文の概要

Improvement in delusions and hallucinations in patients with dementia…

松田勇紀先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

認知症患者の行動・心理症状(BPSD)の治療に加え日常生活動作も改善する
-抑肝散(よくかんさん)

松田勇紀先生(藤田保健衛生大学医学部精神科)

【抑肝散】認知症患者の治療ならびに日常生活動作の改善に効果/論文の意義

国際的に科学的根拠、エビデンスを評価する標準手法に従い、過去に発表さ…

【抑肝散】認知症患者の治療ならびに日常生活動作の改善に効果/論文の概要

Yokukansan in the treatment of behavioral and psychological symptoms …

水上勝義先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

認知症の「周辺症状」の改善に有効な可能性
-抑肝散(よくかんさん)

水上勝義先生(筑波大学大学院人間総合科学研究科精神病態医学分野准教授)

【抑肝散】認知症の周辺症状の改善効果/論文の意義

認知症の症状には、大きく分けて中核症状と周辺症状の二つがあります。中…

【抑肝散】認知症の周辺症状の改善効果/論文の概要

A randomized cross-over study of a traditional Japanese medicine (kam…

六君子湯の実力

瀧口修司先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

胃切除後の胃がん患者での摂食障害や体重減少の原因となるグレリンの分泌低下に有効-六君子湯(りっくんしとう)

瀧口修司先生(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学)

【六君子湯】胃切除後の胃がん患者における消化管症状とグレリンレベルに対する効果/論文の意義

大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学講師の瀧口修司先生らのグループ…

大野哲郎先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

制吐剤でも改善できない抗がん剤による食欲不振の副作用を六君子湯が改善した
-六君子湯(りっくんしとう)

大野哲郎先生(群馬大学大学院病態総合外科学、第一外科)

【六君子湯】抗がん剤治療による食欲不振の抑制効果/論文の意義

胃炎や消化不良、食欲不振に効果があるとされてきた六君子湯が、シスプラ…

【六君子湯】抗がん剤治療による食欲不振の抑制効果/論文の概要

Rikkunshito, a traditional Japanese medicine, suppresses cisplatin-in…

楠裕明先生

西洋医学を含めて最先端の医学

機能性ディスペプシアの患者さんで、消化管運動機能の改善効果が証明された
-六君子湯(りっくんしとう)

楠裕明先生(川崎医科大学総合臨床医学講師)

【六君子湯】機能性ディスペプシアの消化管運動機能異常に対する効果/論文の意義

食後のもたれ感やみぞおちの痛みなどが長く続くにもかかわらず、内視鏡検…

【六君子湯】機能性ディスペプシアの消化管運動機能異常に対する効果/論文の概要

Efficacy of Rikkunshito、 a traditional Japanese medicine (Kampo)、 i…

新井誠人先生

西洋医学を含めて最先端の医学

食欲をコントロールする消化管ホルモンのグレリンを増やし、食欲不振などを改善する
-六君子湯(りっくんしとう)

新井誠人先生(千葉大学医学部腫瘍内科助教)

【六君子湯】食欲不振改善機能、消化管ホルモン・グレリンへの効果/論文の意義

食欲不振は日常的によくみられるものですが、その原因に、COPDや腎機能障…

【六君子湯】食欲不振改善機能、消化管ホルモン・グレリンへの効果/論文の概要

The traditional Japanese medicine rikkunshito increases the plasma le…

当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸の実力

日高隆雄先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

女性の更年期障害で、ホルモン補充療法に抵抗性の患者に、更年期障害に伴う血管運動症状と精神症状のいずれも改善する-加味逍遙散(かみしょうようさん)

日高隆雄先生(富山県黒部市民病院産婦人科)

【加味逍遙散】HRT抵抗性で、精神症状を強く訴える更年期障害に対する改善効果/論文の意義

HRT(欠乏したエストロゲンを補うホルモン補充療法)の反応性がない、ある…

久保田俊郎先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

更年期女性に対して最も多く処方される3つの漢方薬は、不眠症状を改善する
-当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

久保田俊郎先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科生殖機能協関学教授)

【当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸】更年期女性の不眠症状改善効果/論文の意義

中高年の女性における不眠症状の訴えは多く、特に更年期女性が抱える問題…

大建中湯の実力

吉川幸造先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

大腸がん切除後の炎症を改善する-大建中湯(だいけんちゅうとう)

吉川幸造先生(徳島大学医学部消化器・移植外科)

【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の意義

腹部膨満感や便秘の改善などに効果があるとされている『大建中湯』が腹腔…

【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の概要

The effects of the Kampo medicine (Japanese herbal medicine) “Daikenc…

堀内朗先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

刺激性下剤を使いにくい時に、慢性便秘症に伴う腹部膨満感や腹痛を軽減する
-大建中湯(だいけんちゅうとう)

堀内朗先生(昭和伊南総合病院消化器病センター長)

【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の意義

慢性便秘症では、大腸の粘膜や神経の集まりに作用して排便を促す大腸刺激…

【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の概要

Effect of traditional Japanese medicine, Daikenchuto (TJ-100) in pati…

牛車腎気丸の実力

西岡将規先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

FOLFOX療法による副作用の末梢神経障害を予防する
-牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

西岡将規先生(徳島大学消化器・移植外科)

【牛車腎気丸】FOLFOX療法による副作用、末梢神経障害の予防/論文の意義

大腸癌の化学療法ではFOLFOX療法とよばれる画期的な多剤併用療法が登場し…

【牛車腎気丸】FOLFOX療法による副作用、末梢神経障害の予防/論文の概要

The Kampo medicine, Goshajinkigan, prevents neuropathy in patients tr…

河野透先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

抗がん剤オキサリプラチンの末梢神経障害を軽減し、大腸癌の抗がん剤治療をより効果的に進めることができる-牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

河野透先生(旭川医科大学外科学講座消化器病態外科学分野 准教授)

【牛車腎気丸】大腸がんの抗がん剤治療による、しびれや冷感の軽減効果/論文の意義

進行・再発大腸癌の標準療法であるFOLFOXは、「進行・再発大腸癌の治療を…

麦門冬湯の実力

入船和典先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

かぜの後の長引く咳を早期に改善することができる-麦門冬湯(ばくもんどうとう)

入船和典先生(愛媛大学大学院病態情報内科学(第二内科))

【麦門冬湯】かぜの後の長引く咳の改善効果/論文の意義

かぜをひいた後、ほかの症状はよくなったのに、なかなか咳が止まらないと…

【麦門冬湯】かぜの後の長引く咳の改善効果/論文の概要

Antitussive effect of bakumondoto a fixed kampo medicine (six herbal …

茵ちん蒿湯の実力

河合清貴先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

肝切除術後の肝機能悪化や死亡をもたらす、「虚血-再灌流障害」を減らすことができる-茵ちん蒿湯(いんちんこうとう)

河合清貴先生(名古屋大学医学部腫瘍外科)

【茵ちん蒿湯】肝切除術における虚血‐再灌流障害の軽減効果/論文の意義

脳卒中や心筋梗塞、あるいは臓器移植などにおいて、一時的に血流が途絶え…

【茵ちん蒿湯】肝切除術における虚血‐再灌流障害の軽減効果/論文の概要

Inchinkoto, an herbal medicine, exerts beneficial effects in the rat …

補中益気湯の実力

新見正則先生

西洋医学では対処法に乏しく困っている領域

新型インフルエンザ感染に対する予防効果が期待できる
-補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

新見正則先生(帝京大学医学部外科准教授)

【補中益気湯】新型インフルエンザA感染予防効果/論文の意義

世界的な流行により注目された新型インフルエンザA(H1N1)は、日本では20…

【補中益気湯】新型インフルエンザA感染予防効果/論文の概要

Prevention of 2009 pandemic influenza A/H1N1 virus infection by admin…