QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

女性についての記事一覧

女性のストレスに伴う不調 漢方ならどうする?(前編)

女性がストレスを感じやすい理由について、麻布ミューズクリニック院長の玉田真由美先生は「からだ」「こころ」「社会」の3つの側面から解説しました。 (2018/02/08 | 漢方ニュース


【婦人科専門医が解説】月経時に強い腹痛・骨盤痛…月経困難症に得意な漢方は?

月経困難症に悩む女性は800~1000万人と言われており、子宮内膜症や子宮筋腫など治療を必要とする病気が潜んでいる可能性もあるので注意が必要です。 (2017/12/22 | 症状別得意分野


【婦人科専門医が解説】更年期女性特有の症状に得意な漢方とは

日本人女性の平均閉経年齢は50~51歳くらいなので、45~55歳くらいの時期、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エ… (2017/12/20 | 症状別得意分野


【婦人科専門医が解説】月経前症候群(PMS)、PMDD(月経前不快気分障害)のつらさを軽減させるには

「月経前症候群」(PMS)をご存知ですか?月経の3~10日位前になると女性のカラダや心に起こる、様々な不調のことをいい、月経が始まると症状が治ま… (2017/12/18 | 症状別得意分野


【婦人科専門医が解説】痛みがなくても月経に異常がないかチェック、月経不順

月経不順は放置しておくと将来不妊症になる場合もあります。何かおかしいと思った人は基礎体温をつけると良いでしょう。婦人科専門医に受診をして超… (2017/12/15 | 症状別得意分野


女性のさまざまな健康トラブル、原因の8割9割は「冷え」ってホント?

日本漢方生薬製剤協会は「第20回市民公開漢方セミナー」を開催。「漢方で改善!!働く女性の健康管理」と題して麻布ミューズクリニック院長の玉田真… (2017/10/31 | 漢方ニュース


第20回 市民公開漢方セミナーに参加しませんか?

2017年10月12日に、日本漢方生薬製剤協会が主催する、市民公開漢方セミナーが開催。テーマは、「漢方で改善!! 働く女性の健康管理~女性特有症状に… (2017/09/08 | 漢方ニュース


女性の頭痛に有効な漢方薬は?

頭痛は体調不良やストレスなどが原因で引き起こる現代病です。婦人科医として、これまでたくさんの女性患者さんと接してきましたが、持病に頭痛があ… (2017/08/22 | 症状別得意分野


野崎ウイメンズクリニック 野崎雅裕院長

医師になった当初から漢方に対する興味がありました。特に女性は、一般的な西洋医学の治療ではなく、漢方のほうが合う患者さんが少なくありません。… (2016/06/22 | 外来訪問


その不調、漢方にできることがあります!~第67回日本東洋医学会学術集会 市民公開講座から

肩がこる、めまいがする、イライラするなどの不定愁訴。「病院に行くほどでも…」と感じている方も多いかもしれません。漢方医学にはこうした「養生」… (2016/06/20 | 漢方ニュース


博多で学ぶ。漢方を学ぶ。更年期障害と上手につき合う漢方活用術

12月1日に博多でミニセミナー「やさしい漢方活用術」(主催:NPO法人みんなの漢方)を開催します。テーマは「更年期障害」。漢方でより健康になるた… (2015/11/12 | 漢方ニュース


“女性特有のカラダの悩み”におススメの漢方薬は?

ストレス・イライラ、便秘に冷え性…。女性特有のお悩みは、漢方の得意分野でもあります。そこで、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏先生に、8つの症… (2015/07/15 | 漢方ニュース


慢性便秘は漢方で治す

現在、慢性便秘の治療は西洋医薬的な薬剤が少なく、慢性便秘の多数の患者さんが適切な治療を受けられていないことが問題となっています (2014/07/29 | 症状別得意分野


意外!? 10代女性が最も「漢方薬」を信じている

博報堂生活総合研究所が、「信用の真相」を浮き立たせることを目的に、生活に関わるモノ・コト・サービス・情報・価値観・人物像などに関する調査を… (2013/12/11 | 漢方ニュース


論文概要

【加味逍遙散】HRT抵抗性で、精神症状を強く訴える更年期障害に対する改善効果/論文の概要

Kami-shoyo-san, Kampo (Japanese traditional medicine), is effective for climacteric syndrome, especially in hormone-replacement-therapy-r… (2013/11/27 | 日高隆雄先生


【加味逍遙散】HRT抵抗性で、精神症状を強く訴える更年期障害に対する改善効果/論文の意義

HRT(欠乏したエストロゲンを補うホルモン補充療法)の反応性がない、あるいは効果が不十分な更年期障害の女性に対して漢方薬の『加味逍遙散』の有効… (2013/11/27 | 日高隆雄先生


成城松村クリニック院長 松村圭子先生

元々更年期の方への漢方薬の処方は多かったのですが、最近特に増えているのは20~30代の女性への処方です。生理前のめまいやイライラなどのPMS(月経… (2013/10/30 | 外来訪問


パニック障害の陰で、ずっと続いていた微熱に悩んでいた女性

10数年前から不眠、不安、食欲低下、乗り物が怖いなどの症状が出て精神科に通院している42歳の小柄な女性。症状改善のため、柴胡桂枝乾姜湯を投与し… (2011/10/18 | 精神科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


論文概要

【当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸】更年期女性の不眠症状改善効果/論文の概要

Effects of three Kampo formulae: Tokishakuyakusan (TJ-23), Kamishoyosan (TJ-24), and Keishibukuryogan (TJ-25) on Japanese peri- and postmen… (2011/07/12 | 久保田俊郎先生


【当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸】更年期女性の不眠症状改善効果/論文の意義

中高年の女性における不眠症状の訴えは多く、特に更年期女性が抱える問題としてこれまで注目されてきました。更年期症状には、従来からホルモン補充… (2011/07/12 | 久保田俊郎先生