QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

基本的な使い方

[漢方薬の使い方] 2010/06/10

漢方薬は温めて飲むのが原則です。

 すべてのお薬は適正に使用しなければいけません。漢方薬も同様で、特に、いわゆる一般的な西洋薬とは異なる服用方法が用いられることが多い点にも注意をしましょう。

 薬物は一般的に、食後に服用するより食前、食間など、空腹時に服用する方が体内に素早く吸収されます。ほとんどの漢方薬は、薬剤のなかでは胃腸への負担が比較的少ないために、成分吸収の早い食前または食間など、空腹時の服用が推奨されています(同一の漢方薬でも、患者さんや症状などによる例外があります)。また、漢方薬の服用量は年齢、体重、症状などに応じて変わりますが、標準的な体格の成人を基準にした場合、通常1日に2~3回に分けて服用します。

 服用方法としては、漢方薬は温めて飲むのが原則です。一般的な医療現場で使われるエキス剤は、白湯(さゆ、一旦沸騰させてから飲める温度にさましたお湯)に溶かし、湯液状にしてから服用するのが効果的といわれています。吐き気がある時や冷やした方がいい場合には水で服用することをすすめられることもあります。

 治療においては、医師は患者さんが正しく薬をのんでいることを前提に経過観察をし、判断を行っていくので、指示されたとおりにのみ続けることが大切です。漢方薬をのみ続けていて、気になる症状、好ましくない作用などが出てきた場合は、遠慮なく速やかに、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。