QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

主な副作用:間質性肺炎

[主な副作用と注意の仕方を確認しましょう] 2010/07/08

もっとも重篤なものは、「間質性肺炎」

 漢方薬の副作用としてもっとも重篤なものは、「間質性肺炎」でしょう。これは、肺胞(はいほう=肺の中にある小さな袋状の組織)と肺胞の間にある間質が炎症を起こすもので、早期に適切な処置を施さないと死に至る場合があります。

 この病気の発症原因には、「薬剤」「感染症」「異物の吸入」「放射線」などが考えられていますが、実際には全症例の約半数について原因が解明されていません。

 漢方処方の中で、間質性肺炎が起こりやすいと報告されているものには、小柴胡湯(しょうさいことう)柴朴湯(さいぼくとう)柴苓湯(さいれいとう)などがあります。これらを服用中に発熱、咳、呼吸困難になるなどの自覚症状があった時は、迷わず医師に相談してください。

 中でも、小柴胡湯は慢性肝炎における肝機能障害の改善に効果がありますが、インターフェロン製剤投与中の患者さんや、肝硬変あるいは肝がんの患者さんが服用すると、間質性肺炎の発症率が高まるという報告もあります。このような疾病をお持ちの方は診察の際、必ず医師にお知らせください。漢方薬の服用に関して疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
78% 16% 2% 4%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。