QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

購入前には必ず相談を!防風通聖散のOTC 購入者の3割に「副作用が出やすい可能性」

[漢方ニュース] 2017/11/01

 薬局やドラッグストアで、ダイエット目的に購入されることが多い漢方薬・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) の一般用医薬品(OTC)について、防風通聖散の「証」とならず、副作用が出やすい人が購入者の3割弱もいることがわかりました。サンドラッグファーマシーズの有馬論氏らが、先ごろ開催された第50回日本薬剤師会学術大会で同社店舗での調査結果を基に発表しました。

 今回の調査では、2016年1~3月に同社22店舗にダイエット目的で漢方薬購入を希望して来店した204人に対し、同社内認定の漢方上級者と認定漢方相談員である薬剤師が相談対応し、(1)食欲が旺盛(2)便秘傾向(3)体力がある、という防風通聖散の「証」であるかを確認しました。その結果、(1)~(3)を満たした購入希望者は60.3%でした。これらの条件を満たし、なおかつストレスがある人で、大柴胡湯(だいさいことう) が適していると判断された購入希望者は11.8%、(1)~(3)を満たさず、副作用が出やすい体質である購入希望者が27.9%いることが分かりました。

 (1)~(3)を満たさない購入希望者のうち、体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向がある肥満症に適している防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) が適していたのは全体の14.7%で、残る13.2%では防風通聖散や大柴胡湯が選択された場合に特に副作用が出る可能性が高いと考えられたといいます。

購入者の70%が「販売員に相談せずに自分で漢方薬を選択」

 また、これに合わせて2017年8月1日~20日にかけて、実際にダイエット目的で防風通聖散、大柴胡湯、防已黄耆湯を購入した76人に店頭で追加調査を実施。これらの商品を選んだ理由については、「TVCMを見て」が32%、「パッケージを見て」、「販売員に勧められて」が各30%、「知人に勧められて」が8%で、購入者の70%が販売員に相談せずに自分で漢方薬を選択していました。

 対象者の過去の購入状況は「初めて」が37%、「継続購入」が41%、「一時中止していた」が22%。このうち継続購入者と一時中止者に効果を尋ね、回答した29人のうち「効果あり」は65%(19人)でした。効果ありと回答した人のうち「体重減少あり(1~3kg程度)」は15人で、方剤別では大柴胡湯が7人、防風通聖散、防已黄耆湯が各4人。体重減少に至るまでの期間は「不明」が9人、「3~6か月」が4人、「半年から1年」、「1年以上」が各1人でした。

 また、この追加調査対象者のうち6.6%(5人)が副作用を経験。うち3人は防風通聖散、防已黄耆湯による軟便・下痢気味、1人は防風通聖散による腹痛、1人は防已黄耆湯が体質に合わない、というものでした。

 有馬氏は「一般的に漢方薬は副作用がない、穏やかだという認識が強いが、体質が合わなければ体調を崩してしまう。副作用防止や適した処方の選択により効果を高めるためにもお客様に合った商品を選べる知識とカウンセリングカが必要」との見解を述べ、購入時には薬局で必ず相談するよう強調しました。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。