QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

認知症についての記事一覧

集中治療の現場でも漢方薬が使われている~第45回日本集中治療医学会学術集会より

ICUの患者さんに抑肝散を処方したところ、不穏(興奮する、落ち着きがなくなる)状態の再発防止に有効だった、という報告が第45回日本集中治療医学会… (2018/03/13 | 漢方ニュース


診療・治療ガイドラインに掲載された漢方薬(1)認知症・心身症

厚生労働省によると、65歳以上で認知症の患者さんは2012年時点で約462万人。日本神経学会が2010年に発行した「認知症疾患治療ガイドライン 2010」(… (2017/05/16 | 漢方ニュース


植松耳鼻咽喉科医院 岩崎紀子院長

漢方薬は全身への作用で諸症状を緩和するため、意図した症状だけでなく、体の別の部分で改善が見られることも。たとえば風邪の時によく使われる葛根… (2016/09/13 | 外来訪問


認知症の人の思いから始めるまちづくりとは?

認知症を自分自身のことと考えたとき、地域や暮らしはどうあるべきか。認知症の本人の声、思いから地域を見つめ、まちづくりに至るまで語りあう「地… (2016/03/16 | 漢方ニュース


梅光園 田中たもつクリニック 田中保院長

風邪に効く漢方薬でもいろいろとありますから、漫然と同じ薬だけを使うのではなく、患者様の症状によって使い分けています。むしろ、患者様には市販… (2015/06/03 | 外来訪問


論文概要

【抑肝散】レビー小体型認知症の妄想・幻覚に対する改善効果/論文の概要

Improvement in delusions and hallucinations in patients with dementia with Lewy bodies upon administration of yokukansan, a traditional Jap… (2014/07/09 | 岩崎鋼先生


【抑肝散】レビー小体型認知症の妄想・幻覚に対する改善効果/論文の意義

現在、総合南東北病院(宮城県岩沼市)で漢方医学センター長を務める岩崎鋼先生らのグループはレビー小体型認知症の患者の妄想や幻視・幻覚と言った… (2014/07/09 | 岩崎鋼先生


西新宿コンシェリアクリニック 金子宏明院長

もともと精神科は、心と体をひとつのものとして診ていく考え方なので、東洋医学の考え方と通じる部分があります。私のなかでは、精神科の治療を進め… (2013/12/04 | 外来訪問


論文概要

【抑肝散】認知症患者の治療ならびに日常生活動作の改善に効果/論文の概要

Yokukansan in the treatment of behavioral and psychological symptoms of dementia: asystematic review and meta-analysis of randomized contro… (2013/08/02 | 松田勇紀先生


【抑肝散】認知症患者の治療ならびに日常生活動作の改善に効果/論文の意義

国際的に科学的根拠、エビデンスを評価する標準手法に従い、過去に発表された複数の認知症に対する『抑肝散』の無作為化対照試験から得た個々の患者… (2013/08/02 | 松田勇紀先生


認知症の周辺症状を漢方で改善

現在、日本に300万人以上の患者さんがいるとされている認知症。その周辺症状を改善してくれる薬として効果が期待されているのが漢方薬の抑肝散です。 (2012/10/05 | 症状別得意分野


論文概要

【抑肝散】認知症の周辺症状の改善効果/論文の概要

A randomized cross-over study of a traditional Japanese medicine (kampo), yokukansan, in the treatment of the behavioural and psychological… (2010/06/12 | 水上勝義先生


認知症の「周辺症状」は、適切な治療薬がなく、医療・介護の現場で問題となっている

【抑肝散】認知症の周辺症状の改善効果/論文の意義

認知症の症状には、大きく分けて中核症状と周辺症状の二つがあります。中核症状とは、覚えこむ力(記銘力)や判断力の低下、論理的に順序立てて考え… (2010/06/11 | 水上勝義先生