QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

『瞑眩』(めんげん)と決めつけないで

[漢方薬の使い方] 2010/07/08
 漢方医学に詳しい人ならば、『瞑眩』(めんげん)という言葉を聞いたことがあるでしょう。薬をのみ始めて間もない頃に、お腹がゆるくなったり、発疹が出るなど、不快な症状が現れることがあります。ところがしばらくするとその反応がおさまり、むしろ症状が急激によくなっていく現象です。好転反応とよばれることもあります。

 ただし、瞑眩であるのか副作用であるかの判断はかなり難しいので、もし不快な症状が治まらない場合は、専門家に調べてもらう必要があります。また、アレルギーのある人は薬によって発疹が出ることがありますし、のみ方が正しいか、他の薬とのみ併せはどうか、なども考える必要があります。

 自分で瞑眩と決めつけて服用し続けていると、薬が合っていない場合は症状が悪化してしまうこともあります。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。