出産前後の女性

[こんな人は、注意が必要なケースがあります] 2010/07/08
監修:秋葉哲生先生(あきば伝統医学クリニック院長)

妊婦の服用が好ましくない生薬には注意が必要

[更新:2021/03/17] 
 一般的に漢方薬は副作用が少ないといわれているため、妊娠中は胎児への影響を考えて西洋薬ではなく、漢方薬を選択するという人も多いのではないかと思います。しかし、妊娠中の漢方薬の使用に対する安全性はまだ確立していないため、外用剤である紫雲膏(しうんこう=ひび、あかぎれ、やけどなどの皮膚の薬)を除き、服用は慎重に行う必要があります。

 妊娠前に漢方薬を服用していた場合でも、妊娠を機に体質が変化することがあるため、主治医に相談するようにしましょう。最近は特に、不妊治療を目的として漢方薬を服用する人も増えているため、妊娠がわかったら服用中の漢方薬を継続してもよいかどうか、主治医に相談することが大切です。

 特に妊婦の服用が好ましくないとされているものに、「瀉下剤(しゃげざい=下剤、便秘薬)として知られる大黄(だいおう)芒硝(ぼうしょう)」や、「駆瘀血薬(くおけつやく=血の流れを促進する薬)として知られる牡丹皮(ぼたんぴ)桃仁(とうにん)紅花(こうか)牛膝(ごしつ)」などがあります。これらを含む処方を服用した場合、流早産の危険性が高くなることがあります。他にも附子(ぶし)蘇木(そぼく)など、妊婦の服用は望ましくないとされているものがあるので注意してください。

 一方、杜仲(とちゅう)や人参(にんじん)、陳皮(ちんぴ)、黄耆(おうぎ)など、母体および胎児によい影響を与える「安胎効果」のある生薬もあります。流産や早産の予防、つわりの軽減や妊娠時の貧血、妊娠中毒症などの合併症を防ぐ効果のある処方もあります。

 出産後も、授乳中は母乳を通して様々な影響が新生児に出るので、服用には十分注意を払う必要があります。中でも大黄や麻黄(まおう)が含まれている処方は新生児に影響を及ぼす可能性があるため、服用はくれぐれも慎重にしなくてはなりません。服用のルールを守ることはもちろん、服用中少しでも疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事下_漢方処方を相談できる病院検索
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

外部サイトへ移動します。

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。