QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

連翹(れんぎょう)

[生薬辞典]

連翹(れんぎょう)

基原

モクセイ科(Oleaceae)レンギョウForsythia suspensa Vahl 又は Forsythia viridissima Lindley の果実

主な薬理

連翹は皮膚疾患を主訴とする荊芥連翹湯、清上防風湯、治頭瘡一方、柴胡清肝湯などに配合される生薬です。
連翹単独では以下に示す、皮膚保護、抗菌、血圧降下作用などが報告されています。


活性成分

[皮膚保護作用]4)
メタノールエキス.
[抗菌作用]5)
フォルシトシド(forsythosideA),サスペンサシド(suspensaside).
[抗炎症作用]6)
フォルシトシド(forsythosideA),サスペンサシド(suspensaside).
[PDE阻害作用]7)
ピノレジノール(pinoresinol),マタイレジノール(matairesinol).
[血小板凝集抑制作用]8) 
ピノレジノール(pinoresinol),ファルゲシン(fargesin).
[血圧降下作用]9)
サスペンサシド(suspensaside).

引用

1) 村上誠愨,薬学雑誌,77,403(1957).
2) 田中俊弘ら,生薬学雑誌,43,300(1989).
3) 千葉真理子ら,生薬学雑誌,33,150(1979).
4) 佐藤祐之ら:薬学雑誌,111,51(1991).
5) S.Nishibe,et al.:Chem.Pharm.Bull.,30,4548(1982).
6) Y.Kimura,et al.:Planta Medica,53,148(1987).
7) T.Nikaido,et al.:Chem.Pharm.Bull.,29,3586(1981).
8) S.Iwasaki,et al.:Chem.Pharm.Bull.,40,1196(1992).
9) S.Nishibe,et al.:J.Pharmacobio.Dyn.,10,S-48(1987).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。