QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

柴胡(さいこ)

[生薬辞典]

柴胡(さいこ)

基原

セリ科(Umbelliferae)のミシマサイコBupleurum falcatum L. 又はその変種の根

主な薬理

柴胡は、肝障害や炎症を主訴とする小柴胡湯や、精神不安を主訴とする柴朴湯、加味気脾湯や胃腸炎を主訴とする柴苓湯に配合される生薬です。
柴胡単独では、以下に示す肝障害改善作用、抗炎症作用、中枢抑制作用が報告されています。


活性成分

[中枢抑制作用]2)
粗サポニン分画
[抗炎症作用]3-7)
サイコサポニン(saikosaponina,d)粗サポニン分画
[肝障害改善作用]8-16)
サイコサポニン(saikosaponina,b,c,d)
[免疫に対する作用]17-19)
サイコサポニン(saikosaponina,c,d)

引用

1) 太田茂樹ら:植物研究雑誌,61,212(1986).
2) 柴田 丸:代謝,10(臨時増刊) ,687(1973).
3) K.Takagi,et al. :YakugakuZasshi,89,1967(1969).
4) M.Yamamoto,et al. :Arzneim.Forsch.,25,1021(1975).
5) M.Yamamoto,et al. :Arzneim.Forsch.,25,1240(1975).
6) 阿部博子ら:日薬理誌,80,155(1982)
7) 加藤正秀ら:薬学雑誌,103,466(1983).
8) 有地 滋ら:肝臓,19,8,(1978).
9) 有地 滋ら:薬物療法,10,71(1977).
10) 山本昌弘ら:Proc. Symp.WAKAN-YAKU,14,16(1981).
11) 山本昌弘ら:Proc. Symp.WAKAN-YAKU,16,245(1983).
12) H.Abe,et al. :PlantaMedica,40,366(1980).
13) M.Yamamoto,et al. :日生病院医学雑誌,22,138(1994).
14) 溝口靖紘ら:肝胆膵,6,947(1983).
15) 溝口靖紘ら:肝臓,25,40(1984).
16) H.Abe,et al. :J.Pharmacol.,37,555(1985).
17) H.Kohno,et al. :Int.J.Immunopharmacol.,10,845(1985).
18) H.Yamada,et al. :CarbohydrateReseach,189,209(1989).
19) H.Yamada,et al. :Phytochemistry,27,3163(1988).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。