『瞑眩』(めんげん)と決めつけないで

[漢方薬の使い方] 2010/07/08
監修:秋葉哲生先生(あきば伝統医学クリニック院長)
[更新:2020/12/21]
 病気が治っていく過程で起こる不快な症状のことを「好転反応」と呼ぶことがありますが、漢方医学ではこれを「瞑眩(めんげん)」と呼びます。瞑眩は、漢方薬を飲み始めて間もない頃に、下痢や嘔吐、発熱などの症状が一時的に激しく起こります。服薬を続けるとその症状は数日でおさまり、以前から悩んでいた症状も改善に向かっていくとされています。大黄などを含む下剤的な漢方薬を服用した際に起こるひどい下痢などは、瞑眩ではありません1)

 しかし、瞑眩が起こることは、ごくまれで、漢方の専門医でも一生に数例経験する程度です1)。また、実際、瞑眩であるのか副作用であるかの判断はかなり難しいといえます。もし、漢方薬を服用した際に何か不快な症状が現れた場合は、服用を中止し、処方してもらった医師に相談しましょう。

 また、アレルギーのある人は薬によって発疹が出ることがありますし、飲み方が正しいか、他の薬と飲み合わせはどうか、なども考える必要があります。

 自分で瞑眩と決めつけて服用し続けていると、薬が合っていない場合は症状が悪化してしまうこともあります。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

参考

  • 1)星野惠津夫監. 薬剤師のための漢方薬の副作用 Ⅴ. 瞑眩, 協和企画, 東京, pp30
記事下_漢方処方を相談できる病院検索
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

外部サイトへ移動します。

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。