QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

頻尿

[病気と漢方] 2010/06/01

頻尿頻尿をがまんしていませんか?
~早めに医師に相談を~

 ひんぱんに尿意をもよおし、トイレに駆け込む。夜も何度も尿意で目が覚めてしまう…。落ち着かず、日常生活に支障が出てしまいますね。頻尿とは、排尿の回数が多いことを言います。個人差はありますが、通常、起きている間にトイレに行く回数は、平均5~6回といわれています。昼間に8~10回以上、夜寝てから2回以上トイレに行くようでは注意が必要です。
 原因として、膀胱炎、尿管結石、とくに男性では前立腺肥大などが考えられます。そのほか、脳の疾患(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍)、精神疾患でも頻尿は起こります。女性では更年期に伴い40代から増加します。多尿の場合、糖尿病や尿崩症など大きな病気の可能性があります。頻尿だからといって軽く考え、がまんをくり返すとますます悪化します。おかしいなと思ったら、まず医師の診断をあおぐことが大切です。

漢方薬にできることは

 漢方では、個人の体質・症状を重視して治療を行います。体質を改善しながら、排尿にまつわる諸症状を緩和するのです。例えば、夜間の頻尿などの排尿に関するトラブルはもちろん、全身のだるさなど、年をとるとともに起こる諸症状には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)をはじめ、胃腸虚弱な場合は清心蓮子飲(せいしんれんしいん)が、血尿や残尿感、前立腺のトラブルなどには、むくみをとり、血行を良くする猪苓湯(ちょれいとう)などがよく使われます。

くらしの中の予防法

  • トイレに行くのをがまんしないこと。
  • 抵抗力を落とさないように、ストレスや過労を避け、体を冷やさないこと。
  • 足腰をきたえるために、できるだけ身体をよく動かしましょう。
【監修】神戸赤十字病院院長 守殿貞夫

次のキーワードで処方漢方薬を検索する。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。