QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

陳皮(ちんぴ)

[生薬辞典]

陳皮(ちんぴ)

基原

ミカン科(Rutaceae)ウンシュウミカンCitrus unshiu Markovich又はその他近縁植物の成熟した果皮

主な薬理

陳皮は頭痛を主訴とする釣藤散、感冒に用いられる香蘇散、竹じょ温胆湯、その周辺症状として咳嗽に用いられる清肺湯、滋陰至宝湯、滋陰降火湯、気管支炎に用いられる神秘湯、あるいは補剤の補中益気湯、人参養栄湯に配合される生薬です。
陳皮単独では以下に示す、昇圧作用、気管支拡張、消炎作用などが報告されています。


活性成分

[血管収縮作用]1)
シネフリン(synephrine).
[血圧上昇作用]1)
シネフリン(synephrine).
[気管支筋弛緩作用]1,2)
シネフリン(synephrine).
[抗アレルギー作用]3,4)
水製エキス.ノビレチン(nobiletin),タンゲレチン(tangeretin),メトキシノビレチン(3-methoxynobiletin).
[中枢抑制作用]5)
リモネン(d-limonene).
[PDE阻害作用]6)
ノビレチン(nobiletin).

引用

1) 木下武司ら:生薬学雑誌,33,146(1979).
2) 宮本康嗣ら:和漢医薬学会誌,5,462(1988).
3) 江田昭英ら:日本薬理学雑誌,69,88(1973).
4) 三川 潮:現代東洋医学,5,52(1984).
5) 辻 正義ら:応用薬理,8,1439(1974).
6) T.Nikaido,etal.:PlantaMedica,46,162(1982).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。