QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

乾姜(かんきょう)

[生薬辞典]

乾姜(かんきょう)

基原

ショウガ科(Zingiberaceae)のショウガZingiber officinale Roscoeの根茎を湯通しした後、コルク皮を去り煮沸して乾燥したもの

主な薬理

乾姜は、胃腸系の疾患を主訴とする人参湯や大建中等に配合される生薬です。
乾姜単独では、以下に記載する腸管輸送能亢進作用、止瀉作用が報告されています。


活性成分

[鎮痛作用]2)
ショーガオール(6-shogaol),ギンゲロール(6-gingerol)
[鎮咳作用]2)
ショーガオール(6-shogaol)
[鎮吐作用]3,4)
ギンゲロール(6-,8-,10-gingerol),ショーガオール(6-,8-,10-shogaol)
[健胃作用]5,6)
ジンギベレン(α-zingiberene),ギンゲロール(6-gingerol),ショーガオール(6-shogaol),ギンゲスルホン酸(6-gingesulfonicacid)
[腸管輸送能亢進作用]7)
ギンゲロール(6-,8-,10-gingerol),ショーガオール(6-shogaol)
[止瀉作用]8) 
ギンゲロール(8-,10-gingerol),ショーガオール(6-shogaol)
[胃排出能亢進作用]9)
ギンゲスルホン酸(6-gingesulfonicacid),ショーガスルホン酸(shogasulfonicacidA)
[小腸輸送能亢進改善作用]10)
ショーガオール(6-shogaol)

引用

1) 橋本和則:第14回生薬に関する懇談会,テーマ「生姜」,p.15(1998).
2) 油田正樹:現代東洋医学,8,45(1987).
3) J.Yamahara,et al.:J.Ethnopharmacology,27,353(1992).
4) T.Kawai,et al:PlantaMedica,60,17(1994).
5) J.Yamahara,et al. :J.Ethnopharmacology,23,299(1988).
6) M.Yoshikawa,et al. :Chem.Pharm.Bull.,42,1226(1988).
7) J.Yamahara,et al. :Chem.Pharm.Bull.,38,430(1990).
8) 黄 啓営ら:薬学雑誌,110,936(1990).
9) K.Hashimoto,et al. :Biol.Pharm.Bull.,25,1183(2002).
10) K.Hashimoto,et al. :Planta Medica,68,936(2002).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。