QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

黄ごん(おうごん)

[生薬辞典]

黄ごん(おうごん)

基原

シソ科(Labiatae)のコガネバナScutellaria baicalensis Georgiの周皮を除いた根

主な薬理

黄ごんは、炎症を主訴とする乙字湯、肝機能障害を主訴とする小柴胡湯、高血圧症を主訴とする大柴胡湯、黄連解毒湯に配合される生薬です。
黄ごん単独では、以下に示す抗炎症作用、肝繊維化抑制作用などが報告されています。


活性成分

[抗炎症作用]1,2,7)
バイカリン(baicalin),バイカレイン(baicalein)

[プロスタグランジン産生抑制作用]3-5)
バイカレイン(baicalein)
[肝繊維化抑制作用]6)
バイカリン(baicalin)
[抗アレルギー作用]7-9)
バイカリン(baicalin),バイカレイン(baicalein)
[利胆作用]10)
バイカリン(baicalin),バイカレイン(baicalein)
[抗ウィルス作用]11)
5,7,4-トリヒドロキシ-8-メトキシフラボン(5,7,4-trihydroxy-8-methoxyflavone)
[抗腫瘍作用]12)
バイカレイン(baicalein)
[解毒作用]13)
バイカレイン(baicalein)

引用

1) M.Kubo,et al. :Chem.Pharm.Bull.,32,2724(1984).
2) 永井隆之ら:和漢医薬学会誌, 4,466(1987).
3) R.Kyo,et al. :Biol.Pharm.Bull.,22,1387(1999).
4) Y.Kimura,et al. :Chem.Pharm.Bull.,34,2279(1986) ,Phytother. Res.,1,48(1987).
5) 丹野恭夫ら:和漢医薬学会誌, 3, 296(1986).
6) I.Shimizu,et al. :Hepatrogy.,29,149 (1999).
7) 木村善行ら:現代東洋医学, 8, 57(1987).
8) Y.Kimura,et al. :Chem.Pharm.Bull.,34,2279(1986).
9) 江田昭英:現代東洋医学,8,4,41(1987).
10) 熊崎平蔵:岐阜医紀, 6,94,(1955) ,6,153(1955) ,6,164(1955) ,6,372(1958) ,熊崎平蔵:日薬理誌,53, 215(1957).
11) T.Nagai,et al. :Chem.Pharm.Bull.,38,1329(1990).
12) Y.Kimura,et al. :Chem.Pharm.Bull.,29,2610(1981).
13) 久保木憲人ら:薬局,13,1011(1962) ,14,968(1963).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 50% 50% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。