QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

白朮(びゃくじゅつ)

[生薬辞典]

白朮(びゃくじゅつ)

基原

キク科(Compositae)のオケラAtractylodes japonica Koidzumi ex Kitamura又はオオバナオケラAtractylodes ovata De Candolleの根茎

主な薬理

白朮は、病後の体力低下、疲労倦怠を主訴とする帰脾湯、人参養栄湯に配合される生薬です。
白朮単独では、以下に示す抗ストレス潰瘍作用、免疫増強作用が報告されています。


活性成分

[利尿作用]1)
エタノールエキス
[抗ストレス潰瘍作用]2)
50%メタノールエキス
[血糖降下作用]3,4)
アトラクタン(atractanA~C)
[血液凝固作用]5)
白朮水製エキス
[肝障害抑制作用]6-9)
アトラクチロン(atractylon)
[抗炎症作用]10,11)
アトラクチレノリド(atractylenolideI,II,III),オイデスマジエノン〔eudesma-4(14),7(11)-dien-8-one〕
[免疫増強作用]12)
白朮水製エキス

引用

1) 鶴見介登ら:岐阜医大紀要,11,138(1963).
2) 野上真理ら:薬学雑誌,106,498(1986).
3) ヒキノヒロシ:現代東洋医学,5,43(1984).
4) C.Konno,et al. :PlantaMedica,102(1985).
5) 寺沢捷年ら:薬学雑誌,103,313(1983).
6) 山原條二ら:生薬学雑誌,37,17(1983).
7) Y.Kiso,et al. :J.Nat.Prod.,46,651(1983).
8) 櫛田秀雄:日本特許公報,昭和579) 頭金正博ら:日本薬学会第104年会講演要旨集,(1984).
10) K.Endo,et al. :Chem.Pharm.Bull.,27,2954(1979).
11) 長 紹元ら:生薬学雑誌,36,78(1982).
12) 小島保彦ら:漢方医学,5,9(1981).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。