QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

QLife漢方 2022年の記事一覧

Vol.2 更年期と漢方養生 ~“処方ありき”ではない漢方薬の使い方~

女性なら誰しも通る閉経前後の「更年期」。Vol.1 更年期と漢方養生 ~消化力を整える“養生”で症状は改善できる~では、この時期に出てくるさまざま… (2022/11/30 | 病気と漢方


Vol.1 更年期と漢方養生 ~消化力を整える“養生”で症状は改善できる~

閉経の前後5年が「更年期」と呼ばれていますが、その年代に入っても現代の女性は見た目も若く、公私ともに忙しい日々を送っています。 (2022/11/24 | 病気と漢方


【なんとなく不調と漢方 編集後記】「当たり前と思わない」ことから毎日の不調の改善を

「しっかり寝たはずなのに疲れやだるさが残っている」「仕事をしているとイライラしがち」「頭痛が起こると体を少し動かすのさえ億劫になる」本当は… (2022/11/21 | 病気と漢方


くり返す辛い痛み… 片頭痛に漢方薬はどう使う?

天気が悪くなったときや月経のとき、睡眠不足や疲れがたまっているときや首や肩が凝っているときに起こる頭痛。慢性的な痛みとは「もう何十年も付き… (2022/09/30 | 病気と漢方


Vol.2 疲れやすい、だるい、息が切れる……「なんとなく不調」の影にひそむ「隠れ貧血」と漢方

疲れ、だるさ、頭痛、冷え、イライラ……病気ではないけれど、なんとなくいつも感じる不調。このような症状を感じる人は、男性と比べ女性に多く、その… (2022/07/29 | 病気と漢方


Vol.1 病気ではないけれど「なんとなく不調」……自律神経の乱れやすい女性に対する漢方治療

新型コロナウイルス感染症の拡大から早3年。テレワークや行動制限など生活スタイルの変化から、心身の不調を感じる人が増えています。 (2022/06/30 | 病気と漢方


医療用漢方製剤の品質管理拠点「ツムラ石岡センター第2生薬QC棟」竣工

株式会社ツムラは2022年2月、茨城県石岡市に「石岡センター第2生薬QC(クオリティコントロール)棟を1月に竣工したことを発表しました。 (2022/05/12 | 漢方ニュース


<嗅覚障害と漢方薬 編集後記>嗅覚障害は心理的な影響も

味覚は、甘味や酸味、塩味、苦味、旨味の5つの味を感じることで成り立っています。 (2022/04/08 | 病気と漢方


<在宅介護と漢方薬 編集後記>認知症になる前からできること

人口の約3人に1人が65歳を占める日本。高齢化は今後もますます進み、令和3年版高齢社会白書によると、2065年には約2.6人に1人が65歳以上で、約3.9人… (2022/03/31 | 病気と漢方


新型コロナと嗅覚障害 後編 漢方薬の服用と嗅覚刺激で嗅神経細胞の再生を促す

新型コロナウイルス感染症や、その後遺症の特徴的な症状として話題になった嗅覚障害は、「嗅細胞」という、においを感じる細胞がダメージを受けたり… (2022/03/31 | 病気と漢方


新型コロナと嗅覚障害 前編 「みそ汁から泥のようなにおい」新型コロナ後遺症の嗅覚障害

嗅覚障害は、新型コロナウイルス感染症の特徴的な症状や後遺症のひとつとして、たびたび話題になりました。 (2022/03/31 | 病気と漢方


<新型コロナウイルス後遺症治療と漢方薬 編集後記>患者の半数以上が仕事に影響も 長期化する新型コロナ後遺症について

国内の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者は1週間平均で約42,000人(2022年3月23日現在)、感染者数は少しずつ減少してきてはいるものの、第7波の… (2022/03/30 | 漢方ニュース


<機能性ディスペプシアの漢方治療 編集後記>胃にまつわる豊富な漢方薬を味方につけて根本的な改善を

「機能性ディスペプシアの漢方治療」(1)(2)では、大野クリニック院長の大野修嗣先生に、機能性ディスペプシア(FD)とはどのような疾患なのか、… (2022/03/30 | 病気と漢方


いまづ先生の漢方講座 <ビジネスパーソン編> Vol.3 冷え

現代を生きる私たちは、仕事に家事、育児と忙しい日々を送っています。最近ではさらにコロナ禍ということもあり、小さな不調を抱えつつも病院から足… (2022/03/30 | 病気と漢方


第24回市民公開漢方セミナー「ウィズコロナ時代のウィズ漢方〜Long COVID漢方外来からのメッセージ〜」配信動画レポート

日本漢方生薬製剤協会が主催する第24回市民公開漢方セミナーが2月19日(土)〜3月20日(日)までYouTubeで動画配信される形で開催されました。今後、… (2022/03/29 | 漢方ニュース


<子どもの成長と漢方薬 編集後記>子どもの訴えを受け止めるだけで症状が落ち着くことも

ここ数年で「大人の発達障害」という言葉が知られるようになってきました。 (2022/03/29 | 病気と漢方


国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会2021 新型コロナウイルス感染症と漢方薬

一般社団法人日本東洋医学会、日本漢方生薬製剤協会が共催する「国民の健康と医療を担う漢方の将来ビジョン研究会」2021が3月9日(水)に開催されま… (2022/03/29 | 漢方ニュース


小柴胡湯(しょうさいことう)

小柴胡湯は、かつて肝炎や肝機能障害、肝がんの予防などに用いられていましたが、現在では抗ウイルス薬などの西洋薬で治療が可能になったため、肺や… (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


女神散(にょしんさん)

女神散は、のぼせやめまい、不安で眠れない、耳鳴りがする、頭痛・頭重、肩こり、腰痛、情緒不安定など、いくつもの不調を抱える女性に対して用いる… (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


麻子仁丸(ましにんがん)

漢方薬には、便秘を改善する作用のあるものがいくつもあります。便秘の原因やそれぞれの人の体質に合わせて処方されます。 (2022/03/28 | 外来でよく使われる漢方薬


外部サイトへ移動します。

リンク先のウェブサイトは株式会社QLifeが運営するものではないこと、医療関係者専用であることをご了承ください。