QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

大建中湯(だいけんちゅうとう)についての記事一覧

医療ビッグデータを用いた臨床疫学研究の最前線~漢方薬による医療費削減~<第135回漢方医学フォーラムおよび第58回日本老年医学会学術集会レポート>

第135回漢方医学フォーラムで、医療ビッグデータを用いた臨床疫学研究の最前線~漢方薬による医療費削減~」と題して、康永秀雄先生が医療データベー…(2016/10/05 | 漢方ニュース


がん治療で有効な漢方薬とは?~大建中湯・牛車腎気丸・十全大補湯の研究結果から~

外科領域でも漢方薬を積極的に処方しているケースが見られます。徳島大学医学部消化器・移植外科学の吉川先生は、がんの手術前後の周術期の炎症など…(2016/08/05 | 漢方ニュース


高齢者疾患と漢方薬~薬物療法の課題とその位置づけ<第58回日本老年医学会学術集会レポート>

「高齢者に有用性が示唆される我が国の医療用漢方製剤のリスト」の詳細について、同ガイドラインの分担研究者も務めた東北大学病院の高山真先生が、…(2016/07/04 | 漢方ニュース


「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に有用性が示唆されるとして5つの漢方薬が掲載

高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に、有用性が示唆される漢方薬として、抑肝散、半夏厚朴湯、大建中湯、補中益気湯、麻子仁丸の5つが掲載さ…(2016/07/04 | 漢方ニュース


高齢者の身体合併症 漢方ではどう治療する?(1)「便秘」「尿失禁・排尿障害」

近年、漢方薬において「この成分が、身体にこのように働くから、症状が改善する」というように、“効く”メカニズムが解明されつつあります。この連載…(2016/01/22 | 漢方ニュース


山下司内科クリニック 山下司院長(外来訪問 第32回)

使う頻度が高いのは、メジャーなものが多いです。話せばきりがないくらいありますが、例えば、お腹の不定な症状、便はある程度出るけれど、腸の動き…(2014/12/10 | 外来訪問


市民公開セミナー「もっと知ってほしい『がんと漢方薬』のこと」レポート(中編)

漢方薬と西洋薬の違いや、抗がん剤の副作用を軽減する六君子湯の実力についての講演内容をご紹介します(2014/04/02 | 漢方ニュース


【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の概要

The effects of the Kampo medicine (Japanese herbal medicine) “Daikenchuto” on the surgical inflammatory response following laparoscopic col…(2013/02/22 | 吉川幸造先生


【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の意義

腹部膨満感や便秘の改善などに効果があるとされている『大建中湯』が腹腔鏡を利用した大腸がん切除後に発生する炎症を抑制する効果があることを明ら…(2013/02/22 | 吉川幸造先生


抑うつ状態に加えホットフラッシュを訴える、華奢な体型の72歳女性

更年期のようにホットフラッシュがあるんですとのことで、加味逍遥散を処方。一か月後、受診の際に「ホットフラッシュはそんなに変わらないが、初め…(2012/11/16 | 精神科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の概要

Effect of traditional Japanese medicine, Daikenchuto (TJ-100) in patients with chronic constipation Akira Horiuchi, et al. Gastroenterology…(2010/11/25 | 堀内朗先生


【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の意義

慢性便秘症では、大腸の粘膜や神経の集まりに作用して排便を促す大腸刺激性下剤がよく使われますが、腹痛や悪心などの副作用があり、これによって起…(2010/11/25 | 堀内朗先生


健康維持に役立つ漢方薬とは?“健康を守る~運動・漢方・笑い”

漢方薬を利用するメリットは、西洋医学と漢方医学の両方の良い面を利用することができるということ。西洋医学と漢方医学とで相乗効果が期待できるこ…(2010/11/25 | 漢方ニュース


代替医療からの脱出 海外でも注目される漢方の実力(第109回漢方医学フォーラム)

日本で独自に発展してきた漢方薬が、にわかに海外で高い関心を集めている。理由の一つは、「なぜ、どのように効くのか」というエビデンスが示され始…(2010/08/02 | 漢方ニュース


漢方薬の活躍:QOLの向上に寄与するケース

手術後の早期退院を可能にしたり、西洋薬の副作用を軽減するなど、漢方薬には、患者さんのQOL(Quality of Life=生活の質)を向上させる目的で使用…(2010/07/05 | 漢方薬とは