QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

便秘についての記事一覧

漢方医は患者をこう診ている(2)問診

漢方での診察方法「四診」の1つである、「問診」(現病歴や既往歴のほかに、患者の体質傾向を聞き出す)について、第一線の漢方医が何を聞いて、何を…(2017/08/21 | 漢方ニュース


高齢者の身体合併症 漢方ではどう治療する?(1)「便秘」「尿失禁・排尿障害」

近年、漢方薬において「この成分が、身体にこのように働くから、症状が改善する」というように、“効く”メカニズムが解明されつつあります。この連載…(2016/01/22 | 漢方ニュース


“女性特有のカラダの悩み”におススメの漢方薬は?

ストレス・イライラ、便秘に冷え性…。女性特有のお悩みは、漢方の得意分野でもあります。そこで、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏先生に、8つの症…(2015/07/15 | 漢方ニュース


慢性便秘は漢方で治す

現在、慢性便秘の治療は西洋医薬的な薬剤が少なく、慢性便秘の多数の患者さんが適切な治療を受けられていないことが問題となっています(2014/07/29 | 症状別得意分野


軽症の下肢静脈瘤に加え、便通など他の悩みも解決した40代女性

下肢静脈瘤で来院した女性。“血”の異常を治療する薬の中で、下肢静脈瘤の患者さんの症状を改善するのに良く用いられる桂枝茯苓丸を処方した。(2013/10/02 | 外科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の概要

The effects of the Kampo medicine (Japanese herbal medicine) “Daikenchuto” on the surgical inflammatory response following laparoscopic col…(2013/02/22 | 吉川幸造先生


【大建中湯】腹腔鏡下大腸がん切除術後の外科的炎症反応に対する効果/論文の意義

腹部膨満感や便秘の改善などに効果があるとされている『大建中湯』が腹腔鏡を利用した大腸がん切除後に発生する炎症を抑制する効果があることを明ら…(2013/02/22 | 吉川幸造先生


便秘で長年悩み「いつもトイレで、新聞を読み終えてしまう」という女性

頑固な便秘に悩んでいた56歳の女性。この女性の場合は、麻子仁丸を1日1パックを寝る前に内服し始めて数日で、効果を実感してもらうことができた。今…(2011/11/01 | 外科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


ニキビ治療にやってきた生理痛と便通に悩む10代の女性

ラクロス部で活躍する都内の大学生。台湾旅行で出来てしまったニキビの治療で訪れた。わたしは、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) に消炎排膿の効…(2011/09/13 | オンコロジー(がん)専門医による漢方外来


【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の概要

Effect of traditional Japanese medicine, Daikenchuto (TJ-100) in patients with chronic constipation Akira Horiuchi, et al. Gastroenterology…(2010/11/25 | 堀内朗先生


【大建中湯】慢性便秘症に伴う腹部膨満感、腹痛の軽減/論文の意義

慢性便秘症では、大腸の粘膜や神経の集まりに作用して排便を促す大腸刺激性下剤がよく使われますが、腹痛や悪心などの副作用があり、これによって起…(2010/11/25 | 堀内朗先生


成分(生薬)別の注意:大黄(だいおう)

大黄の副作用は、その主要成分「センノシド類、レインアンスロンなどのアントラキノン類」の作用によるものと考えられています。センノシドAは大腸…(2010/07/08 | 主な副作用と注意の仕方を確認しましょう