QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

不眠についての記事一覧

高齢者の精神症状・不眠に効果的な漢方薬は?

高齢者の精神症状や不眠には、一般的に向精神薬や睡眠導入剤が処方されていますが、ふらつきや転倒などに注意が必要です。そのような高齢の患者さん…(2015/08/12 | 漢方ニュース


ペットを失って以来、8か月間も不眠に苦しんでいた女性看護師

ペットが亡くなってから精神的に辛く、眠れなくなってしまった49歳の看護師。睡眠導入剤を飲むようになってから「ふらつき」や「めまい」といった副…(2012/04/05 | 外科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


病気を患う高齢の両親などが不安で、抑うつ気分が悪化した50代の男性

新しい抗うつ薬であるリフレックスが追加投与され、若干眠りが深くなったものの、疲れるとお腹が壊れてしまう、だるさが抜けないという状態が継続。…(2011/11/22 | 精神科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


パニック障害の陰で、ずっと続いていた微熱に悩んでいた女性

10数年前から不眠、不安、食欲低下、乗り物が怖いなどの症状が出て精神科に通院している42歳の小柄な女性。症状改善のため、柴胡桂枝乾姜湯を投与し…(2011/10/18 | 精神科医が使って知った漢方薬の魅力「意外と効くもんだ」


【当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸】更年期女性の不眠症状改善効果/論文の概要

Effects of three Kampo formulae: Tokishakuyakusan (TJ-23), Kamishoyosan (TJ-24), and Keishibukuryogan (TJ-25) on Japanese peri- and postmen…(2011/07/12 | 久保田俊郎先生


【当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸】更年期女性の不眠症状改善効果/論文の意義

中高年の女性における不眠症状の訴えは多く、特に更年期女性が抱える問題としてこれまで注目されてきました。更年期症状には、従来からホルモン補充…(2011/07/12 | 久保田俊郎先生


「えぇ」という曖昧返事が多く、「地震以来、いつも揺れを感じる」男性

地震以来、睡眠不足が続いているという高崎さんに、古典『保嬰撮要』(ほえいさつよう:中国の明時代の小児科用の医学書)に、「腹脹食少なく、睡臥…(2011/04/19 | オンコロジー(がん)専門医による漢方外来


女性のストレス

ストレスへの抵抗力を身につけて こころとからだを元気に!…はっきりとした身体の病気でもなく、精神的な病気でもないのに、なん…(2010/06/01 | 病気と漢方


男性のストレス

会社や家庭で浴びるストレスシャワー…ストレス病は、仕事の能率を悪くするだけでなく、胃潰瘍や高血圧などの発症・悪化にも関係し…(2010/06/01 | 病気と漢方


更年期障害

本来の自分を取り戻して 豊かで楽しい毎日を!…更年期障害は、40歳過ぎごろから、50代半ばごろに見られる、閉経前後の女性ホルモ…(2010/06/01 | 病気と漢方


不眠

ぐっすり眠れば目覚めもすっきり!…夜、ふとんに入ってもなかなか寝つけない。眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまう。早朝目…(2010/06/01 | 病気と漢方