QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

いわゆる西洋薬と一緒に使う時の注意

[漢方薬の使い方] 2010/07/08

西洋薬との併用は、珍しくない。(画像をクリックすると大きくなります)

 漢方薬と漢方薬以外の薬、いわゆる西洋薬との併用は、珍しいことではありません。むしろ、併用することによって、「薬が効きやすくなる」「治療期間が短縮される」「副作用が軽減される」「薬の用量が削減できる」など、西洋薬の限界や欠点を補うさまざまな効果も報告されています。

 ただし、なかには併用してはいけないケースもあります。例えば、インターフェロン製剤はC型慢性肝炎などの治療に使われていますが、合併症として間質性肺炎(肺の間質といわれる部分に炎症が起きる病気)を起こすことがあります。小柴胡湯(しょうさいことう)を同時にのむと、その頻度が増大するという報告があり、併用は禁止されています。

 また、麻黄(まおう)甘草(かんぞう)がふくまれている製剤も、併用に注意が必要です(参考:主な副作用と注意の仕方を確認しましょう)。これらの生薬の作用を強めたり、促進しあう西洋薬との併用には十分注意してください。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
71% 19% 6% 3%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。