QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

成分(生薬)別の注意:大黄(だいおう)

[主な副作用と注意の仕方を確認しましょう] 2010/07/08

タデ科(Polygonaceae)のRheum palmatum L., Rheum tanguticum Maximowicz, Rheum officinale Baillon, Rheum coreanum Nakai又はそれらの種間雑種の通例、根茎

腹痛、下痢、食欲不振などの症状

 大黄(だいおう)の副作用は、その主要成分「センノシド類、レインアンスロンなどのアントラキノン類」の作用によるものと考えられています。

 センノシドAは大腸に到達した後、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう ※そう=「草むら」の意味。腸内細菌は草むらのようにまとまりを持って棲息しており、そのまとまりのこと)の働きでレインアンスロンに変換され、大腸を刺激してその蠕動(ぜんどう)運動を促進します。大黄の薬効は腸内細菌叢に大きく依存しているため、個人差が大きいという特長があります。大黄が効き過ぎると、腹痛、下痢、食欲不振などの症状が現れる場合があり、長期にわたって服用し続けると便秘が悪化することもあります。

 体力が著しく衰えている、胃腸が著しく虚弱である、あるいは下痢、軟便症状を伴っている患者さんには副作用が出たり、症状が強くなったりすることがあります。また、妊婦さんや授乳中の方は、流早産や薬剤の母乳移行の危険性が高くなるため、服用は避けます。
 なお、疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
78% 19% 3% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。