QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

主な副作用:膀胱炎様症状(ひん尿、残尿感など)

[主な副作用と注意の仕方を確認しましょう] 2010/07/08

ひん尿、残尿感、血尿、排尿時や下腹部の痛みなどの症状

 漢方薬の副作用で、膀胱炎の様な症状が現れることがあります。具体的には、ひん尿、残尿感、血尿、排尿時や下腹部の痛みなどが挙げられます。なかには、尿検査で蛋白尿、白血球増加などが認められる場合もあります。なぜそれが起きるのかというメカニズムは現在のところ解明されていませんが、アレルギー反応によるものという説が有力視されています。

 この症状が現れることがあると確認されている漢方薬は、小柴胡湯(しょうさいことう)柴朴湯(さいぼくとう)などの柴胡剤(柴胡[さいこ]黄ごん[おうごん]という生薬を含む漢方薬の総称)です。このほか、温清飲(うんせいいん)防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)といった処方でも、症状が誘発されることがあると報告されています。

 これらの薬を服用中に症状が起きた場合には、すぐに医師に相談してください。場合によっては、抗ヒスタミン剤を投与してもらうなどの処置が必要になることもあります。疑問点は、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
92% 8% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。