QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

主な副作用:皮膚症状(湿疹、皮膚炎など)

[主な副作用と注意の仕方を確認しましょう] 2010/07/08

発疹、発赤、搔痒(そうよう=皮膚のかゆみ)などの症状

 漢方処方の皮膚に現れる副作用としては、発疹、発赤、搔痒(そうよう=皮膚のかゆみ)などがあります。

 皮膚症状を引き起こしやすい処方には、人参(にんじん)黄耆(おうぎ)を両方含む参耆剤(じんぎざい)、桂皮(けいひ)などの解表作用(発汗など)のある生薬を含む処方及びその関連処方、紫雲膏(しうんこう=皮膚病に用いる軟膏)などがあります。もしこれらを服用中に皮膚の症状が起きたならば、すぐに医師や薬剤師に相談してください。

 なお、最後に挙げた紫雲膏は、かつてこの薬によって過敏症を起こした経験のある患者さんは外用が禁じられています。また、重症の熱傷(やけど)、外傷のある方、化膿性の創傷(そうしょう=体の表面にできた物理的なキズ)で高熱のある方、患部の湿潤やただれのひどい方はこうした症状を悪化させるおそれがあるので、外用はできません。効果的な治療や副作用を避けるためにも患者さんは診察の際、自分の体質や症状を詳しく告げることが大切です。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
71% 29% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。