QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

主な副作用:偽アルドステロン症(低カリウム血症、血圧上昇など)

[主な副作用と注意の仕方を確認しましょう] 2010/07/08

低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が低下)、血圧上昇、全身倦怠、筋力低下、浮腫などの症状

 「偽アルドステロン症」とは、血中のアルドステロン(血中のナトリウムやカリウムの濃度を調整する副腎皮質ホルモン)の値がそれほど高くないにもかかわらず、アルドステロンが過剰に分泌された時と似た症状を示すものです。

 具体的な症状には、「低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が低下)、血圧上昇、全身倦怠、筋力低下、浮腫」などがあります。なかでも低カリウム血症は、ミオパシー(筋肉が委縮して力が入らなくなる病気の総称で、ミオパチーともいう)など深刻な障害をもたらすことがあります。

 これらの症状は「甘草(かんぞう)の過剰服用」「甘草含有処方の長期服用」「高齢者や女性の服用」によって発症しやすいといわれています。もし、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)など、甘草含有処方を服用中にこのような症状が出た場合、すぐに医師に相談し、適切な処置をしてもらう必要があります。また、既にアルドステロン症、ミオパシー、低カリウム血症と診断されている患者さんは症状を悪化させる恐れがあるので、服用は避けましょう。

 なお、甘草は多くの漢方薬に含まれているだけでなく、みそ、しょうゆなどの食品や市販のドリンク剤、健康食品などにも含まれているため、ともすると過剰摂取しやすい生薬なので十分に注意する必要があります。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
90% 8% 0% 2%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。