QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

体質的に胃腸が弱い人

[こんな人は、注意が必要なケースがあります] 2010/06/10

含まれている生薬によっては胃腸障害を起こすことがある。

 漢方薬は、薬剤のなかでは比較的効き方がおだやかなものが多いので、通常は、消化吸収のよい食前、食間の空腹時に服用します。ただし患者さんの体質、症状によっては、このルールに従わない方が良い時もあります。

 中でも、体質的に胃腸が虚弱な人や、胃腸障害を抱えた患者さんは、服用を空腹時ではなく、食後に指導されることがあります。特に、地黄(じおう)当帰(とうき)川きゅう(せんきゅう)などを含む処方は胃腸障害を起こすことがあるので、注意が必要です。症状によっては、六君子湯(りっくんしとう)四君子湯(しくんしとう)平胃散(へいいさん)人参湯(にんじんとう)など、胃腸保護機能のある処方とも併用されることがあります。

 いずれにしても、ふだんから胃腸が弱い人や胃腸障害のある人は、診察の際に医師に詳しくその症状を伝えることで、適切な処方や服用の指示につながります。疑問があったら、必ず医師、薬剤師に相談しましょう。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
74% 23% 0% 3%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。