QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

防風(ぼうふう)

[生薬辞典]

防風(ぼうふう)

基原

セリ科(Umbelliferae)のボウフウSaposhnikovia divaricata Schischkinの根及び根茎

主な薬理

防風は皮膚疾患を主訴とする荊芥連翹湯、十味敗毒湯、当帰飲子、諸処の疼痛に適応される大防風湯、疎経活血湯、立効散などに配合される生薬です。
防風単独では以下に示す、消炎、鎮痛、中枢抑制、血圧降下作用などが報告されています。


活性成分

[抗炎症作用]1-4)
水製エキス,30%エタノールエキス,ファルカリンジオール(falcarindiol),ファルカリノール(falcarinol).
[鎮痛作用]3)
30%エタノールエキス.
[中枢抑制作用]3)
30%エタノールエキス.
[抗腫瘍作用]3)
30%エタノールエキス.
[血圧降下作用]5,6)
シミフギン(cimifugin),シミフギングルコシド(prim-O-glucosylcimifugin),メチルビサミノール(5′-O-methylvisamminol),メチルビサミノールグルコシド(4′-O-glucosyl-5-O-methylvisamminol),ハマウドール(hamaudol),ハマウドールグルコシド(sec-O-glucosylhamaudol).
[免疫賦活作用]7,8)
サポシニコバン(saposhnikovanA,B,C).
[過酸化脂質低下作用]9)
水製エキス.

引用

1) 長 紹元ら:生薬学雑誌,36,78(1982).
2) 布施信三ら:和漢医薬学会誌,7,362(1990).
3) 木下 剛ら:和漢医薬学会誌,4,130(1987).
4) K.Baba,et al.:Shoyakugaku Zassi,41,189(1987).
5) 佐々木 博ら:公開特許公報, 58-55419(1983).
6) 佐々木 博ら:公開特許公報, 58-55420(1983).
7) N.Shimizu,et al.:Chem.Pharm.Bull.,37,1329(1989).
8) N.Shimizu,et al.:Chem.Pharm.Bull.,37,3054(1989).
9) 真柳 誠ら:日薬理誌,99,115(1992).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。