QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

人参(にんじん)

[生薬辞典]

人参(にんじん)

基原

ウコギ科(Araliaceae)のオタネニンジンPanax ginseng C.A.Meyer(Panax schinseng Nees)の細根を除いた根又はこれを軽く湯通ししたもの

主な薬理

人参は、病後の体力低下、疲労倦怠を主訴とする補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯や、胃腸疾患に適応される人参湯、六君子湯に配合される生薬です。
人参単独では、以下に示す抗疲労作用、副腎皮質ホルモン様作用、コルチコステロン分泌亢進作用が報告されています。


活性成分

[抗潰瘍作用]2,3)
ギンセノシド(ginsenosideRb1,Rg2)
[血中脂質低下作用]4)
ギンセノシド(ginsenosideRb2,Rc,Rg1)
[副腎皮質ホルモン様作用]5)
ギンセノシド(ginsenosideRb1,Rb2,Rc,Rd)
[コルチコステロン分泌亢進作用]6)
ギンセノシド(ginsenosideRb1,Rb2,Rc,Rd)
[中枢抑制作用]7)
ギンセノシド(ginsenosideRb1)
[中枢興奮作用]7)
ギンセノシド(ginsenosideRg1)
[抗疲労作用]7)
ギンセノシド(ginsenosideRg1)
[鎮静作用]7)
ギンセノシド(ginsenosideRg1)
[小腸輸送能亢進状態改善作用]8) 
ギンセノシド(ginsenosideRg1,Rd)

 人参サポニンには、酢酸潰瘍や水浸ストレス潰瘍に対する治癒効果(抗潰瘍作用)2、3) 、血中脂質低下作用4) 、副腎皮質ホルモン様作用5) 等が知られています。
 そのうち、ギンセノシドRb1、Rb2、Rc、Rd、Reにはコルチコステロン分泌亢進作用が報告されています6)
 一般的にギンセノシドRb1などのプロトパナキサジオール類には中枢抑制作用が、ギンセノシドRg1などのプロトパナキサトリオール類には緩和な中枢興奮作用が認められ、抗疲労作用、鎮静作用が報告されています7)
 このように、人参のサポニン類には、相反する生理活性を有することにより生体機能の向上に機能しています。
 その他、オレアナン型サポニンであるギンセノシドRoには抗炎症作用が報告されています9)
 一方、非サポニン画分にもアロキサン糖尿病モデルに対する血糖降下作用が見いだされています10)
 また、最近の大建中湯の薬効解明研究において、ギンセノシドRb1及びRdに小腸輸送能の亢進状態を改善する作用が認められました8) 

引用

1) 北川 勲ら:薬学雑誌,103,612(1983).
2) K.Takagi,et al. :Jpn.J.Pharmacol.,19,418(1969).
3) K.Takagi,et al. :Jpn.J.Pharmacol.,18,99(1968).
4) 山本昌弘ら:代謝,10,646(1973).
5) 谷澤久之ら:薬学雑誌,101,169(1981).
6) S.Hiai,et al. :Endocrinol.Jpn.,26,661(1979).
7) 柴田承二:現代東洋医学,3,62(1982).
8) K.Hashimoto,et al. :J.Ethenopharmacology.,84,115(2003).
9) H.Matsuda,et al. :Planta Medica,56,19(1990).
10) M.Kimura,et al. :J.Pharm.Dyn.,4,402(1981).
11) K.Takagi,et al. :Jpn.J.Pharmacol.,22,245(1972).
12) H.Saito,et al. :Jpn.J.Pharmacol.,23,43(1973).
13) 山本昌弘ら:治療学,28,33(1994).
14) 寒川慶一ら:薬学雑誌,115,241(1995).
15) 山口啓之ら:薬学雑誌,108,872(1988).
16) 岡田 稔:月刊漢方療法,2,390(1998).
17) 松田秀秋ら:Natural Medicines,53,217(1999).
18) 北川 勲ら:日本生薬学会第28回年会講演要旨集,p.52(1981).

この生薬が使われる代表的な漢方処方


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。