QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

当帰(とうき)

[生薬辞典]

当帰(とうき)

基原

セリ科(Umbelliferae)のトウキAngelica acutiloba Kitagawa又はその他近縁植物の根で通例、湯通ししたもの

主な薬理

当帰は、婦人病に適応される温経湯、加味逍遙散、当帰芍薬散や、病後の体力低下、疲労倦怠を主訴とする補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯に配合される生薬です。
当帰単独では、以下に示す末梢血管拡張作用、血液凝固抑制作用、免疫賦活作用が報告されています。


活性成分

[鎮痛作用]4)
ファルカリンジオール(farcalindiol),ファルカリノロン(falcarinolone)
[抗炎症作用]4,5)
シトステロールグルコシド(β-sitosterol-D-glucoside)
[中枢抑制作用]6)
リグスチリド(ligustilide),ブチリデンフタリド(butylidenephthalide)
[向精神作用]7)
リグスチリド(ligustilide),ブチリデンフタリド(butylidenephthalide)
[凝固,線溶系への作用]8) 
当帰水製エキス
[血小板凝縮阻害活性]9,10)
リグスチリド(ligustilide),ブチリデンフタリド(butylidenephthalide)
[免疫系への作用]2)
アラビノガラクタン(arabinogalactan)
[抗腫瘍活性]3,11,12,13)
ペクチン様多糖体(pecticpolysaccharide)
[T細胞活性化,抗体産生能増強]14)
当帰水製エキス
[抗アレルギー作用]15)
当帰水製エキス
[子宮に対する作用]16)
フェルラ酸(ferulicacid)
[癌毒素の脂肪分解促進作用]17)
ガラクトグルカン(galactoglucan)
[放射線防御効果]18)
メタノールエキス

引用

1) 飯島宏次ら:日薬理誌,44,509(1974).
2) Y.Kumazawa,et al. :Immunology,47,75(1982).
3) H.Yamada,et al. :Planta Medica,50,163(1984).
4) 田中重雄ら:薬学雑誌,91,1098(1971).
5) 林 元英ら:日薬理誌,73,205(1977).
6) H.Mitsuhashi,et al. :Chem. Pharm. Bull.,8,243(1960).
7) 渡辺裕司ら:和漢医薬学会誌,8,102(1991).
8) 小菅卓夫ら:薬学雑誌,104,1050(1984).
9) K.Toriizuka,et al. :Pharmaceutical Bull,34,5011(1986).
10) M.Shimizu,et al. :Pharmaceutical Bull,39,2046(1991).
11) H.Yamada,et al. :Planta Medica,56,182(1990).
12) 木島孝夫ら:薬学雑誌,109,843(1989).
13) T.Okuyama,et al. :Shouyakugaku Zasshi,44,346(1990).
14) Y.Kumazawa,et al. :Planta Medica,51,417(1985).
15) 江田昭英ら:日薬理誌,109,843(1989).
16) M.Harada,et al. :J. Pharm Dyn.,7,304(1984).
17) 奥田拓道ら:日本公開特許公報 昭60-28993.
18) 太田節子ら:薬学雑誌,105,874(1985).
19) I.Saiki,et al. :Chem.Pharm.Bull.,47,1170(1999).

この生薬が使われる代表的な漢方処方


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。