QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

知母(ちも)

[生薬辞典]

知母(ちも)

基原

ユリ科(Liliaceae)のハナスゲAnemarrhena asphodeloides Bungeの根茎

主な薬理

知母は、熱性疾患を主訴とする白虎加人参湯に配合される生薬です。
知母単独では、以下に示す血糖降下作用、唾液分泌促進作用、体温降下作用が報告されています。


活性成分

[体温降下作用]1)
チモサポニンAⅢ(timosaponinAⅢ),マンギフェリン(mangiferin),リノール酸(linoleicacid)
[口渇改善作用(唾液分泌促進作用,電気生理学的手法)]2)
チモサポニンAⅢ(timosaponinAⅢ),マンギフェリン(mangiferin),マンギフェリングルコシド(mangiferin-7-O-β-D-glucoside)
[血糖降下作用(インスリン非依存性型糖尿病モデル)]3),7)
チモサポニンAⅢ(timosaponinAⅢ),マンギフェリン(mangiferin),マンギフェリングルコシド(mangiferin-7-O-β-D-glucoside)
[抗消化性潰瘍作用]4)
水製エキス
[環状ヌクレオチドに対する作用]5,6)
cis-ヒノキレジノールなどノルリグナン類
[α-グリコシダーゼ阻害作用]8) 
マンギフェリン(mangiferin),マンギフェリングルコシド(mangiferin-7-O-β-D-glucoside)
[アルドース還元酵素阻害作用]8) 
マンギフェリン(mangiferin),マンギフェリングルコシド(mangiferin-7-O-β-D-glucoside)

引用

1) H.Ichiki,et al. :J.Aut.Nerv.Syst.,63,46(1997).
2) H.Ichiki,et al. :Biol.Pharm.Bull.,21,1389(1998).
3) 一木 宏之ら:日本生薬学会第41回年会講演要旨集,p.96(1994).
4) 山崎幹夫ら:生薬学雑誌,35,96(1981).
5) 三川 潮 :ファルマシア,17,387(1981).
6) T.Nikaido,et al. :Planta Medica,43,18(1981).
7) T. Miura, et al. :Phytomedicine,8(2) ,858) H. Ichiki, et al. :J.Nat.Med,61,146


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。