QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

蘇葉(そよう)

[生薬辞典]

蘇葉(そよう)

基原

シソ科(Labiatae)のシソPerilla frutescens Britton var. acuta Kudo又はその他近縁植物の葉および枝先

主な薬理

蘇葉は、風邪に適応される香蘇散、参蘇飲や、不安症を主訴とする半夏厚朴湯、柴苓湯に配合される生薬です。
蘇葉単独では、以下に示す抗炎症作用、抗不安作用、鎮静作用が報告されています。


活性成分

[鎮静作用]1,2)
ペリルアルデヒド(perillaldehyde)
[免疫賦活作用]3-5)
シソ水製エキス
[抗アレルギー作用]6)
シソ水製エキス
[抗炎症作用]7)
ロスマリン酸(rosmarinicacid)
[消化器系への作用]8) 
ペリラケトン(perillaketone)
[抗菌作用]9,10)
ペリルアルデヒド(perillaldehyde),シトラール(citral)
[解熱作用]11)
シソ水製エキス
[抗鬱作用]12)
ロスマリン酸(rosmarinicacid)

引用

1) G.Honda,et al. :Chem.Pharm.Bull.,34,1672(1986).
2) 菅谷愛子ら:薬学雑誌,101,642(1981).
3) 山原條二ら:Proc.Symp.WAKAN – YAKU,14,76(1981).
4) 小島保彦ら:Proc.Symp.WAKAN – YAKU,13,101(1980).
5) 上田浩史ら:日本薬学会第111回年会講演要旨集,4,p.162(1991).
6) 今岡浩一ら:アレルギー,42,74(1993).
7) 奥田拓男ら:薬学雑誌,106,1108(1986).
8) Y.Koezuka,et al. :Planta Medica,51,480(1985).
9) 本多義昭ら:生薬学雑誌,38,127(1984).
10) 栗田啓幸ら:日本農芸化学会誌,55,43(1981).
11) 鈴木高之:毎日ライフ,27,101(1996).
12) H.Takeda,et al. :Japan.J.Neuropsychopharmacol,22,15(2002).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。