QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

辛夷(しんい)

[生薬辞典]

辛夷(しんい)

基原

モクレン科(Magnoliaceae)のタムシバMagnolia salicifolia Maximowicz, コブシMagnolia kobus De Candolle, Magnolia biondii Pampanini又はその他近縁植物のつぼみ

主な薬理

辛夷は鼻炎や蓄膿症を主訴とする葛根湯加川辛夷、辛夷清肺湯に配合される生薬です。
辛夷単独では以下に示す、消炎、鎮静、鎮痙作用などが知られています。


活性成分

[精神安定作用]3)
コクラウリン(d-coclaurine),レチクリン(reticuline).
[鎮痙作用]4)
レチクリン(reticuline),メチルコクラウリン(N-methylcoclaurine).
[抗炎症作用]5,6)
マグノシニン(magnoshinin),マグノサリン(magnosalin).
[抗リウマチ作用]7,8)
マグノシニン(magnoshinin),マグノサリン(magnosalin).

引用

1) 寺林 進ら:植物研究雑誌,66,76(1991).
2) S.Terabayashi,et al.:J.Jpn.Bot.74,212(1999).
3) 渡辺裕司ら:和漢薬シンポジウム,16,135(1983).
4) 菊池 徹ら:漢方製剤の知識,4,117(1988).
5) M. Kimura,et al.:Int.Arch.Allergy and Immunolgy,93,365 (1990).
6) 木村正康ら:東洋医学雑誌,46,708(1996).
7) 古林伸二郎ら:第22回薬物活性シンポジウム講演要旨集,p.126 (1994).
8) M. Kimura,et al.:Phytotherapy Research,10,42(1996).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
100% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。