QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

細辛(さいしん)

[生薬辞典]

細辛(さいしん)

基原

ウマノスズクサ科(Aristolochiaceae)のウスバサイシンAsiasarum sieboldi F. Maekawa又はケイリンサイシンAsiasarum heterotropoides F.Maekawa var.mandshuricum F. Maekawaの根及び根茎

主な薬理

細辛は気管支炎や鼻炎を主訴とする小青竜湯、頭痛や腹痛を主訴とする当帰四逆加呉茱萸生姜湯、歯痛を主訴とする立効散に配合される生薬です。
細辛単独では以下に示す、鎮咳、抗アレルギー、腸管収縮抑制作用などが報告されています。


活性成分

[抗アレルギー作用]6,7)
エレミシン(elemicin),メチルオイゲノール(methyleugenol),アサロン(γ-asarone),アザリニン((-)-asarinin),セサミン((-)-sesamin),イソブチルドデカテトラエナアミド(N-isobutyl,dodecatetraenamide),キサントキシロール(xanthoxylol),ジメトキシシンナムアルデヒド(3′,4′-dimethoxycinnamaldehyde).
[鎮咳作用]8) 
ヒゲナミン(higenamine),メチルオイゲノール(methyleugenol),カクオール(kakuol),イソブチルドデカテトラエナミド(N-isobutyldodecatetraenamide).
[腸管収縮抑制作用]9)
エタノールエキス.

引用

1) K.Yamaki et al.:J.Jpn.Bot.71,1(1996).
2) K.Choi et al.:J.Jpn.Bot.73,59(1998).
3) K.Hashimoto,et al.:Natural Medicines,48,39(1994).
4) 安田一郎ら,日本生薬学会第28年会講演要旨集P.18(1981).
5) K.Hashimoto, et al.:Journal of Ethnopharmacology,64,185(1999).
6) J.Yamahara et al.:J.Med.and Pharm.Soc.for WAKAN-YAKU,3,153(1986).
7) K.Hashimoto,et al.:Planta Medica,60,124(1994).
8) T. Kosuge,et al.:Chem. Pharm. Bull.,26,2284(1978).
9) H. Itokawa,et al.:生薬学雑誌,37,223(1983).
10) 関田節子ら,Bull.Natl.Inst.Health.Sci.,116,195(1998).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
100% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。