QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

葛根(かっこん)

[生薬辞典]

葛根(かっこん)

基原

マメ科(Leguminosae)のクズPueraria lobata Ohwiの周皮を除いた根

主な薬理

葛根は、風邪(感冒)、鼻かぜ、熱性疾患を主訴とする葛根湯、葛根湯加川弓辛夷。参蘇飲に配合される生薬です。
葛根単独では、以下に示す解熱作用などが報告されています。


活性成分

[解熱作用]1,2)
葛根末,葛根水製エキス
[鎮痙作用]3-5)
ダイゼイン(daidzein),ダイジン(daidzin),脂溶性画分
[循環器系に及ぼす作用]6)
粗イソフラボン及びプエラリン(puerarin)
[消化管運動亢進作用]7)
葛根水製エキス(コリン含有画分)
[サイクリックヌクレオチドに対する作用]8) 
ダイゼイン(daidzein),ダイジン(daidzin),プエラリン(puerarin),ゲニステイン(genistein)
[プロスタグランジン合成阻害作用]9)
メタノールエキス,プエラリン(puerarin)
[血糖降下作用]10,11)
葛根水製及びエタノールエキス,プエラリン(puerarin)

引用

1) 丹野與三太:日薬物誌,33,263(1941).
2) 野口 衛:生薬学雑誌,21,17(1967).
3) 柴田承二ら:薬学雑誌,79,863(1959).
4) 中本泰正ら:薬学雑誌,97,103(1977).
5) M.Harada,et al. :Chem.Pharm.Bull,23,1798(1975).
6) 曽 貴伝ら:中華医学雑誌,54,265(1974) ;范 礼理ら:同誌,55,724(1975) ;周 運理ら:同誌.,57,550(1977) ;范 礼理:葯学学報,19,801(1984).
7) 三浦孝次ら:応用薬理,5,247(1971).
8) T.Nikaido,et al. :Planta Medica,46,162(1982).
9) 山内 盛ら:日本生薬学会第31回講演要旨集,p.2(1984).
10) 閔丙 祺:日薬物誌,11,181(1930) ;渡部正三郎:岐阜医紀,1,256(1953).
11) 申竹 芳ら:葯学学報,20,863(1985).
12) 原田正敏:現代東洋医学,3,47(1982).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 0%
一言感想
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。