QLife漢方が、『漢方薬』の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすくお伝えします。

新規会員登録

遠志(おんじ)

[生薬辞典]

遠志(おんじ)

基原

ヒメハギ科(Polygalaceae)のイトヒメハギPolygala tenuifolia Willdenowの根

主な薬理

遠志は貧血、不眠、精神不安を主訴とする帰脾湯、加味帰脾湯、補剤の人参養栄湯に配合される生薬です。
遠志単独では以下に示す、去痰、鎮静、抗痴呆作用などが報告されています。


活性成分

[睡眠延長作用]1,2)
オンジサポニン(onjisaponinF),トリメトキシ桂皮酸(3,4,5-trimethoxycinnamicacid).
[鎮静作用]3)
テトラヒドロコルンバミン(tetrahydrocolumbamine).
[抗痴呆作用]4-6)
粗サポニン画分,オンジサポニン(onjisaponinF),シナピン酸(sinapicacid).
[免疫賦活作用]7)
オンジサポニン(onjisaponinA,E,F,G).
[抗ストレス潰瘍作用]8,9)
水製エキス,粗サポニン画分.
[去痰作用]10)
水製エキス.
[PDE阻害作用]11)
オンジサポニン(onjisaponinB,E,F,G).
[鬱血性浮腫抑制作用]12)
50%メタノールエキス.

引用

1) T.Nikaido,et al.:Chem.Pharm.Bull.,30,2020(1982).
2) 王 莎莎ら:和漢医薬学雑誌,11,44(1994).
3) 沈 行良ら:葯学学報,29,887(1994).
4) 矢部武士ら:日本薬学会118年会講演要旨集,p.107(1998).
5) T. Yabe,et al.:Phytomedicine,4,199(1997).
6) 山田陽城:長寿科学総合研究平成9年度研究報告,No.124-4,p.97(1998).
7) 永井隆之ら:第19回和漢医薬学会講演要旨集,p.61(1999).
8) 山崎幹夫ら:生薬学雑誌,35,96(1981).
9) 斉藤 洋:ライフサイエンスの現状と将来,p.1016(1981).
10) 五十嵐慶太郎:総合医学,8,526(1951).
11) T.Nikaido,et al.:Chem.Pharm.Bull.,30,2020(1982).
12) J.Yamahara,et al.:Chem.Pharm.Bull.,27,1464(1979).


記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。
この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。