漢方で評判の病院やドクターが探せる「QLife 漢方クリニック」

新規会員登録

牛久東洋医学クリニック 内海 聡院長

[外来訪問] 2011/04/19

~漢方薬の新時代診療風景~
 漢方薬は、一般に知られる処方薬(西洋医学)では対処が難しい症状や疾患に対して、西洋医学を補完する使われ方も多く、今後の医療でもますます重要な役割を果たすと考えられます。
 近年、漢方薬の特性については科学的な解明が進んだこともあって、エビデンス重視の治療方針を取る医師の間でも漢方薬が使用されることが増えています。
 漢方薬を正しく理解して正しく使うことで、治療に、患者さんに役立てたい。日々勉強を重ねる、身近な病院の身近なドクターに、漢方活用の様子を直接伺いました。ドクターの人となりも見えてきます。

研修時の“野戦病院”経験が、医療への目を開かせた

※QLife漢方編集部からのお知らせ
牛久東洋医学クリニックは閉院し、Tokyo DD Clinicとして開院しました。詳しくはこちらから。

 私の親は内科医ですが、継ぐつもりはまったくありませんでした。むしろ文系で歴史が好きだったので、大学もその方面に行きたかったんですね。しかし親からの「医者になれ」という強烈なプレッシャーがあり、大学進学の際にも強く言われ、「不本意ながら」(笑)医学部に入った口です。
 そんな経緯での入学だったので、勉強も熱心ではありませんでした。それがガラリと変わったのは、研修時です。所属した病院が3次救急のない地域で、ひっきりなしに患者さんが詰めかけ、私のような駆け出し研修医も外来担当しなくてはならない、いわば“野戦病院”でした。そこで「教科書に載っていないことが山ほどある」という現実に直面しました。患者さんの主訴に基づいて検査をしても異常値は何も出ない、しかし患者さんは確かに違和感を感じておられる、そんなケースはしょっちゅうでした。
 ひとつ例を挙げますと、「のどに詰まりを感じる」という患者さんがいらっしゃったんですが、検査では何も出ない。医学部時代の知識だけなら難渋してしまうのですが、これは「ヒステリー球(咽喉頭異常感症)」でした。心療内科的なアプローチが必要とされるものです。このように検査で異常が出ない症例は、教科書にはあまり書いていないのですが、臨床現場では珍しくありません。そんな経験を繰り返すうちに、データや過去の知識に頼らず、目の前の患者さんの訴えをしっかりと聞いて自分の頭で考えることが重要だと思うようになりました。

漢方との衝撃の出会い

 最初は漢方に胡散臭さを感じていました。ところが、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)をどうしても飲みたいと言う患者さんがいらっしゃって、「害はなかろう」程度に了承したら、これが劇的に効いたのです。それ以来、興味を持ち始めました。西洋医学とは違い、東洋医学は症状から辿っていきます。そのアプローチは、患者さんの話を真剣に聞いてそこから考えようとするやり方を教えてくれました。
 そこで研修後は、東京女子医大の東洋医学研究所に入りました。それまで現場独学だった漢方医学を系統立てて学び直したかったからです。そこで教わった東洋医学、漢方処方は、西洋医学とはまったく違う世界でした。古典をひもときつつ学ぶのですが、すべてが経験に基づいた、実地に根ざした医療なんですね。薬の処方に関しても、確かに西洋医学と同じような科学的根拠はまだ少ないですが、代わりに長年の経験則に基づいた、いわば膨大な統計学的観点から絞り込まれた処方なわけです。いままで解けなかったさまざまな疑問が氷解し、とても腑に落ちたことを憶えています。
 女子医大時代の恩師に教わった言葉で、今でも大事にしているものがあります。それは「薬は、今よりも一歩、良くするためのもの」という考えです。半歩でも二歩でもなく、一歩なのです。完璧を求めず、でも後退はさせない。患者さんのことを考えて、少しづつ着実な改善を追求すること、それが私の信条です。

精神疾患の治療負担を、漢方を取り入れて軽減

 研究所を出て勤務医として経験を積んだ後、この地で開業しました。せっかく漢方が得意なら、重篤な患者さんが集まる急性期病院にいるよりは日常的に来院しやすいクリニックでの方が、自分の力を発揮できると思ったからです。また、当時はこの地域で漢方をやっているクリニックが少なかったという理由もありました。現在では鍼灸治療についても勉強し、治療法の一部として実践しています。
 さらに、開業に至る私なりの想いが一つありました。それは、心療内科や精神科で普通に行われている薬の処方に「改善余地があるのではないか」という疑問です。具体的に言いますと、精神疾患領域の薬には、服用期間が非常に長い、あるいは一生飲み続けなければならないということがあります。それは患者さんにとって大きな負担です。経済的な面も含めて、服用する薬は少ない方がいいし、飲み続けなければならないということも、出来れば無い方がいい。これを実現するために、「漢方を取り入れた治療を行ってみたらどうだろう」という動機がありました。
 それまでの臨床経験で、漢方は精神領域に効果的だという感触は得ていました。漢方薬は効き方が穏やかなものが多いのですが、精神疾患の患者さんは刺激に対する感受性が強くなっているので薬剤にも敏感に反応し、ちょうど良い具合なのだと思います。また、副作用が少ないというイメージを持たれているので、服用に対する安心感があり、それも効果を生みやすい理由の一つと考えています。
 複数の薬を長期にわたって使っても効果が見られない患者さんが、薬を軽減すると60%程度は改善します。逆に軽減で病状悪化してしまう例もありますが、多く見積もっても15%程度でしょう(残り25%強は変わらない)。これらの数字はあくまで自分の臨床経験をまとめた数字ですが、「精神薬の薬害を考える会」のデータで示しています。HPもありますのでご興味のある方は参照していただければと思います。
 そして前述のとおり、薬を軽減する際には、西洋薬とは違うアプローチということで漢方薬を使うことが多いのです。勿論、すべて漢方だけで代替しようとは考えていません。向精神薬を使う場合もかなりあります。症状の程度を診て、バランスを考えてそれぞれの治療方針を決定しています。

喜びは、やはり患者さんから感謝の言葉をもらう時

 このような視点を、患者さんや同業の精神科医にも知ってもらいたい、と私は本を書いたりWebサイトなどでの発信に務めています。情報発信をすると、当然誤解を受けたり嫌な思いをすることもありますが、投薬を最低限に抑えることは患者さんためになるという実感がありますので、これからも続けていきたいと思います。
 そんな私が一番嬉しい瞬間は、月並みですが、患者さんの症状が良くなって、感謝の言葉を頂く時ですね。最近は医療現場から「感謝の言葉」が減り、逆に「クレーム」が多くなっています。尊大に構えるつもりはさらさらありませんが、患者さん達の間に、普通の人としての振る舞いが少なくなっていることは、とても残念に思います。
 一方で、精神疾患の患者さん達は社会性が失われている場合が多いので、さらに期待はできません。まともに受け応えができない人もいますから、仕方ないのです。だからこそ、「有難うございます」と言われることが、なおさら貴重なのです。来院した頃はお母さんに頼りきりで何もできなかったお子さんが、状態が良くなってくるにつれ、きちんと言葉を交わせるようになり、ついにはお礼までしてくれるようになると、本当に医者冥利につきると思いますよ。

取材・文/QLife

牛久東洋医学クリニック

牛久東洋医学クリニックは閉院し、Tokyo DD Clinicとして開院しました。詳しくはこちらから。

内海聡(うつみ・さとる)院長略歴
2000年 筑波大学医学専門学群卒業
2004年 東京女子医科大附属東洋医学研究所 研究員
2005年 東京警察病院 消化器内科 勤務
2006年 牛久愛和総合病院 内科・漢方科 勤務
2007年 牛久東洋医学クリニック 開業
■資格・所属学会他

日本内科学会、日本心療内科学会、日本東洋医学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。